たわばガニ戦記-国指定難病/黄色靱帯骨化症編-

国指定難病”黄色靱帯骨化症”になった事で体験したことを書き綴ったブログです

山陰本線で伯耆国へ入国するカニ

【カニ神社紀行その59】白兎海岸最寄りの宝木駅から再び山陰本線に乗って西へ向かう。16カ国目伯耆国入国です!鳥取県は東の因幡国と西の伯耆国が合わさってできた県ですが、伯耆国は歴史的にも文化的にもむしろお隣の出雲国に近いんだとか。国名の"ホウキ"…

因幡国・白兎神社を参拝するカニ

【カニ神社紀行その58】宇部神社から鳥取駅に戻り、今度は海側の路線で白兎海岸を目指す。因幡に来たらここだけは欠かせない因幡国・白兎神社参拝です!祭神は日本一有名な日本神話「因幡の白兎」こと白兎神!サメを騙したことで全身の皮を剥がされ、出雲神…

因幡国一宮・宇部神社を参拝するカニ

【カニ神社紀行その57】鳥取砂丘を堪能して砂だらけのままバス移動w。因幡国一宮・宇部神社参拝です!宇部神社の祭神は九州でよく見かけた武内宿禰。天皇5代に仕えて300歳まで生きた能吏の終焉の地らしいです。がしかし文献によるとさらに古い時代には因幡国…

山陰本線で因幡国へ入国するカニ

【カニ神社紀行その56】兵庫県豊岡市から再度山陰本線に乗車して西へと向かい鳥取県へ!15カ国目・因幡国へ入国です!今の鳥取県東部が因幡国エリアで、西部の伯耆国とは文化が全く違うんだそう。因幡の地名の由来は因幡国造家・稲葉氏にちなむものだそうで…

但馬国一宮・出石神社を参拝するカニ

【カニ神社紀行その55】梁瀬駅から山陰本線で豊岡駅へ、さらに出石行きの全但バスで1時間。但馬国一宮・出石神社参拝です。こちらの祭神・アメノヒボコは来歴が一風変わっていて、なんと新羅国王を冠する渡来系の神様なんです。とある女性を追って日本に来て…

但馬国一宮・粟鹿神社を参拝するカニ

【カニ神社紀行その54】JR山陰本線は梁瀬駅で下車、地元の人に道を尋ねながら1時間ほど歩いた先の鎮守の森がみえてきた。但馬国一宮・粟鹿神社参拝です。こちらの祭神はヒコイマス、第9代開化天皇の御子であり、日下部氏、浦島太郎に繋がる神様です。粟鹿の…

山陰本線にて但馬国に入国するカニ

【カニ神社紀行その53】丹後鉄道で福知山まで戻る途中、車窓から大江山を臨む。かの源頼光による鬼退治の舞台となった山で、頼光の配下には坂田金時いわゆる金太郎がいた訳です!浦嶋伝説からの金太郎伝説、京都は御伽噺の舞台があちこちにあって面白いです…

丹後国・浦嶋神社を参拝するカニ

【カニ神社紀行その52】天橋立からさらに丹海バスで丹後半島の先端まで足を伸ばし、浦嶋神社を参拝です!日本人なら皆知ってる浦島太郎の伝説の地です!祭神は浦島太郎こと浦嶋子!嶋子は筒川村に住んでいたので筒川大明神とも呼ばれています!浦島太郎は第9…

丹後国一宮・籠神社を参拝するカニ

【カニ神社紀行その51】日本三景のひとつ天橋立を歩いて渡った先に鎮座するのが丹後国一宮・籠神社!祭神のヒコホアカリは天孫降臨ニニギの兄にあたる神様です。しかし元々はあのアマテラスとトヨウケが祭神だったそうです。やがてニ柱は伊勢神宮へと遷り、…

京都丹後鉄道で丹後国に入国するカニ

【カニ神社紀行その50】亀岡からJR嵯峨野線と山陰本線を抜けて福知山へ。そこからさらに私鉄の京都丹後鉄道で天橋立駅へ。やってきました13カ国目・丹後国!丹波国の一部を分割して成立したのが丹後国。しかし古代丹波国の中心地は丹後国エリアだったようで…

丹波国一宮・出雲大神宮を参拝するカニ

【カニ神社紀行その49】JR亀岡駅からバスで15分、丹波国一宮・出雲大神宮参拝です。"元出雲"の異称を持ち、"出雲"を冠する神社としてはあの出雲大社より来歴が古い!(出雲大社は江戸時代まで杵築大社という名前だった)。祭神は出雲の神様・オオクニヌシとそ…

山陰道へ新幹線で向かうカニ

【カニ神社紀行その48】五畿七道一宮回りの神社旅は山陰道編であります。新幹線で京都駅へ向かい、そのまま嵯峨野線に乗り換えて亀岡市へ。12カ国目・丹波国入国です!都の北西入り口に当たる丹波国は歴史上の重要拠点、印象深いのは"麒麟がくる"でおなじみ…

西海道一宮巡りを終えたカニ

【カニ神社紀行その47】対馬では100km以上原チャで走りまくり、その日は島で一泊。離島での夜は自分でも意外なくらい心細さを感じたのは防人の思いがシンクロしたのかしらw。2週間の休暇は使い切り、明日から仕事という強行スケジュール、翌朝一番の船で博多…

対馬国一宮・海神神社を参拝するカニ

【カニ神社紀行その46】途中雨に降られながらも厳原港から原チャで50km北上して、対馬国一宮・海神神社を参拝です。祭神はトヨタマヒメと海神の名前通りのオヤシロですが、実は江戸時代以前は神功皇后を祀る八幡神社で、厳原八幡宮神社とは対になる存在だっ…

対馬国・和多都美神社を参拝するカニ

【カニ神社紀行その45】原チャで走る対馬の海は凄く綺麗ッ!そんな海と陸を繋ぐような神秘的なオヤシロの和多都美神社を参拝です!本殿から海に向かって5つの鳥居が立ち並ぶその佇まいは数多ある神社の中でもとびっきりに美しいです!そんな神社の祭神は山幸…

対馬国一宮・厳原八幡宮神社を参拝するカニ

【カニ神社紀行その44】対馬の一宮巡るには往復100kmかかると聞いて、厳原港近くでレンタルバイク(1日3000円くらい)をゲットする。原チャ乗るのは教習所以来ン十年ぶりでかなり不安もありましたが、走らせてみると何とかなるもんですね、めっちゃ楽しいですw…

対馬国へジェットフォイルで入国するカニ

【カニ神社紀行その43】壱岐島を郷ノ浦港から芦辺港へ横断して、再びジェットフォイルに乗船。11ヵ国目・対馬国に入国です!対馬島全域が対馬国エリアで、古代から防人を配備して国を守ってきた国境の島です!3世紀末に書かれた魏志倭人伝には邪馬台国の属国…

壱岐国・月讀神社を参拝するカニ

【カニ神社紀行その42】芦辺港への道すがら月讀神社を参拝!全国二千社の月読神社の総本宮は壱岐にありました。祭神は月夜見、月弓、月読が配祀されてましたが、三神ともツクヨミの同神とされているようです。イザナギの禊の時にアマテラス・スサノオと誕生…

壱岐国一宮・興神社を参拝するカニ

【カニ神社紀行その41】タクシーで壱岐国弾丸参拝!壱岐国一宮・興神社参拝です。"こうじんじゃ"と読み、"こう"は国府に通じ、古来壱岐国の中心だった模様。祭神は仲哀天皇と神功皇后の八幡神パパママコンビ。珍しく八幡神・応神天皇が入らない夫婦水入らず…

壱岐国一宮・天手長男神社を参拝するカニ

【カニ神社紀行その40】博多港から壱岐島の郷ノ浦港までジェットフォイルで1時間、この旅初の離島上陸です。港にいたタクシーの運ちゃんに行きたい神社の話をすると、半分以下の格安料金で回ってやるよとありがたいハナシ!壱岐島を突っ切り反対側の芦辺港に…

壱岐国へジェットフォイルで入国するカニ

【カニ神社紀行その39】筑前から始まって筑後・肥前・肥後・薩摩・大隈 ・日向・豊後・豊前と九州をぐるり一周回って再び筑前国、9カ国回りましたが西海道にはまだ未踏の国が残ってる!そう、それは離島!博多港から高速船ジェットフォイルに乗り込んで玄界…

豊前国・比売語曽社を参拝することカニ

【カニ神社紀行その38】宇佐市からバスで国東半島の先にある伊美港、そこからフェリー船でやってきたのは姫島とゆー小さな島。イザナギ・イザナミの国産み神話で生まれた"女島"がここ姫島とされてます。島をぐるり一周しても14kmという小さな島で参拝したの…

豊前国一宮・宇佐神宮を参拝するカニ

【カニ神社紀行その37】宇佐駅からバスで10分、豊前国一宮・宇佐神宮参拝です。全国4万社ある八幡神社の総本宮で、全国区でもメジャー級のネームバリューありますわな!当然祭神は八幡神で応神天皇、比売大神、神功皇后が祀られてます。しかし不思議なのはそ…

豊前国に日豊本線で入国するカニ

【カニ神社紀行その36】大分市ではギリギリ名物・関サバをいただきながら、今度は日豊本線で宇佐市へ移動。9ヵ国目・豊前国へ入国です!福岡県東部と大分県北部を併せたエリアが豊前国。県境こそあるけれど、豊前人の意識が高いと聞いてます。からあげで有名…

豊後国一宮・柞原八幡宮を参拝するカニ

【カニ神社紀行その35】敷戸から大分駅に戻って、今度はバス移動で30分。豊後国一宮・柞原八幡宮参拝です!こちらは延暦寺の僧侶・金亀が宇佐神宮で千日行の果てに白幡が二葉山に向かうのを見たって事からオヤシロが建った模様。宇佐神宮の分霊地という事で…

豊後国一宮・西寒多神社を参拝するカニ

【カニ神社紀行その34】大分駅から豊肥本線で敷戸駅へ。そこから川に沿っててくてく30分程歩いた先に鎮座する豊後国一宮・西寒多神社参拝です!読み方はササムタ、寒田という地名と関連ありそう。三韓征伐から凱旋した戦うマタニティ・神功皇后が西寒多山の…

豊後国へ日豊本線で入国するカニ

【カニ神社紀行その33】日本神話の聖地・日向国で寄り道し過ぎて時間が足りなくなってきた!タクシーで高千穂から延岡まで戻り、日豊本線でイッキに大分市まで北上し、8ヵ国目・豊後国へ入国です。筑紫国や肥国とおなじくもとは豊国というひとつの国。豊後国…

日向国・天安河原宮を参拝するカニ

【カニ神社紀行その32】高千穂続いては天安河原宮参拝です!川縁の大洞窟に鎮座する常世と幽世の狭間感半端ないパワースポット!アマテラスが岩戸に隠れてこの世が闇に包まれた時、八百万の神様が集まって対策会議を開いたのがココ天安河原!祭神は議長役を…

日向国・天岩戸神社を参拝するカニ

【カニ神社紀行その31】高千穂紀行は続きますw今度は日本神話のメインイベントといっても差し支えない天の岩戸伝説の地にある天岩戸神社を参拝です!弟・スサノオが高天原で暴れまくって、嫌になったアマテラスは岩戸に篭って世界は闇に包まれるという有名す…

日向国・高千穂神社を参拝するカニ

【カニ神社紀行その30】日向国は我ながらホント寄り道ハンパないです。都農から延岡に移動して、今度はタクシーで一路高千穂へ!日本神話の故郷・日向国の中で最もコアな場所、天孫降臨伝説の地・高千穂に行かない訳にはいかんのですよ。高千穂神社の祭神は…