たわばガニ戦記-国指定難病/黄色靱帯骨化症編-

国指定難病”黄色靱帯骨化症”になった事で体験したことを書き綴ったブログです

気持ちがスッキリ晴れたカニ

【黄色靭帯骨化症その154】決断したら残るのは後始末。自然退職騒ぎでもめた期間は在職期間で処理してもらい、さらに退職日も今月末という事になった。会社が請求して保険料の立て替え分も相殺されて金銭面でも折り合いがついた。カニ的には職場のみんなに挨…

自然退職を受け入れる決断をしたカニ

【黄色靭帯骨化症その153】3度目の面談もやはり平行線。会社サイドは復職の交渉には一切応じない姿勢でのれんに腕押し状態。だんだんあの時の上司の姿が重なってきて、あぁもうココは戻れる場所ではないんだなとヒシヒシと伝わりました。それでも裁判してま…

傷病手当金は退職後も支給されると知ったカニ

【黄色靭帯骨化症その152】骨折も含めて半年以上休職してたので、還付金やら傷病手当金やら労災の休業補償やら申請しなければならないものがイッパイのカニ。そんな中で傷病手当金は18ヶ月と期間に限りはあるものの、退職した後も継続して支給される事を知り…

自然退職か労働裁判か悩むカニ

【黄色靭帯骨化症その151】そんなわけで自然退職編に復帰です。前の労働裁判は100%向こうが悪かったと確信ありましたが、今回は要素が複雑。事前連絡もなく上司は報告忘れとかなりヒドイ対応ではあるんですが、カニは職場復帰できる状態ではなく、社則に自然…

嬉しさよりも空しさが残ったカニ

【逆転労働裁判その15】その後ベンゴシさんとは電話でのやりとりだけで顔を合わせないまま残務処理も終了。事前に聞いてはいたけど成功報酬や着手金差っ引くと4ヶ月分の和解金も手元には80万くらいが残り、実質3ヶ月分切った。まーそれでも自己都合から会社…

自宅で裁判の結果を聞くカニ

【逆転労働裁判その14】自宅待機で裁判の結果を待ち続けるカニ。なんだか裁判所にいるときよりも緊張します!2時間くらい経って電話が鳴り、ベンゴシさんの結論は和解金は4ヶ月分、会社都合による退職とするというものでした。予定より2ヶ月分金額がさがった…

ベンゴシさんに丸投げするカニ

【逆転労働裁判その13】裁判の開始時間を勘違いしていたカニは大慌て!すぐさま支度して裁判所に向かおうとしたものの、間に合わないデスの一言。今回はカニに急用ができたと言う事にして、条件のまとめはベンゴシさんが対処する事になりました…。電話越しに…

とんでもないポカをしでかすカニ

【逆転労働裁判その12】次の裁判まで何もしないわけにもいかず、カニはひたすら就活にあけくれていました。あっと言う間に3週間は過ぎてゴゴイチの裁判に向けて出かける準備をしていたところベンゴシさんからの電話。打ち合わせかなと思って電話にでると「カ…