たわばガニ戦記-国指定難病/黄色靱帯骨化症編-

国指定難病”黄色靱帯骨化症”になった事で体験したことを書き綴ったブログです

15km地点で友人さんの異変に気づくカニ

【カニリーヒルズ高校白書その19】出発から4時間が経過した辺りで、メンバーがひとり急激にペースが落ち、足を引きずりながら歩き続けた果てにペタリと地べたに座り込む。大丈夫かーと皆が駆け寄ると、彼の左太ももが倍くらいに腫れ上がっていたッ!車にはね…

10km地点、無駄なスキップで体力消耗するカニ

【カニリーヒルズ高校白書その18】10kmを超えはやくも足取りが重くなってきたカニたちな連れの一人が「歩くのに疲れたらスキップすると疲れが抜けるらしいぞ」と怪情報。スキップで別な筋肉を使用して、歩きに使う筋肉を休ませることができるというハナシ。…

5km地点ではやくもバテるカニ

【カニリーヒルズ高校白書その17】いきなり交通事故というトラブルがありつつも、本人が全然平気というので60キロ歩きは続行する。最初は余裕綽々でダラダラ喋りながら歩いてましたが、やがてネタもつき、1時間も歩くとはやくも運動不足の文化部系には軽く疲…

ひかれた友人とその場を立ち去るカニ

【カニリーヒルズ高校白書その16】一瞬騒然となったが、車は大してスピードも出ていなかったおかげで、友人さんはすぐさま起き上がる。周りのただならぬ空気を察したのか、逆にひかれた本人が"飛び出してサーセンッ!"と運転手さんに平謝り!この場にいるの…

出発1分でアクシデントが起きたカニ

【カニリーヒルズ高校白書その15】60キロ歩きは非公式の行事なので、各々4〜5人でグループにぬりバラバラに動き出す。ガッツリ装備固めた人から、手ぶらでフラフラ動く人までいろいろ。そんな中、午後4時頃にカニグループもいよいよ出発!校門を出てすぐの道…

60km歩きに挑戦するカニ

【カニリーヒルズ高校白書その14】カニ高では野球部が県大会決勝に進出したら、その前日から一昼夜かけて60km先にある県営球場まで歩いて向かう有志のイベントが伝統として続いていた。カニたちが入学した年にその野球部がまさかの決勝進出を決め、校内は歓…

冤罪報道を詫びられたカニパパ

【カニ田一少年の事件簿その41】判決後しばらくしてから地元紙の新聞社が菓子折り持って詫びをいれにきた。カニパパは菓子折りいらないから世間の誤解を解くように謝罪記事を掲載させたそうです!冤罪報道のせいで半年もの間、世間から非難を浴び続けたカニ…

裁判で無罪を証明されるカニパパ

【カニ田一少年の事件簿その40】被告は運転手さんで、裁判する場所が遠くカニパパは弁護士さんに証言をして結果を待つことに。ほぼ相手の妄想に等しい被害の訴えをひとつずつ反証していく作業。裁判は自体は何度かに分けて半年近くかかったそうです。結果裁…