たわばガニ戦記-国指定難病/黄色靱帯骨化症編-

国指定難病”黄色靱帯骨化症”になった事で体験したことを書き綴ったブログです

ワニの涙症候群を発症するカニ

【ラムゼイハント症候群その14】たかが顔面麻痺されど顔面麻痺、日常生活でいろいろな不自由も出てきます。まず気付いたのは口笛が吹けなくなってる事w。というか口をすぼめられないんですね。麺をすすれないのも水がこぼれるなもそれが原因。そしてワニの涙…

シャリを指でほじくるカニ

【ラムゼイハント症候群その13】平衡感覚が狂ったままなので船酔いみたいにフラフラしながら1週間ぶりの帰宅。ながらくの病院食で外食げ恋しかったので近所の寿司屋でセルフ退院祝い。あー生魚ウメェ!でもね、右顔半分が麻痺してると噛んだものがうまく口の…

入院治療が終わったけどまだフラフラなカニ

【ラムゼイハント症候群その12】7日間の入院でのステロイド投与が終わり、今後は通院で治療をする事になる。あの激しい頭痛はおさまったものの、三半規管と顔面神経のダメージは大きくて右顔面麻痺と平衡感覚の狂い、そして右耳が全然聞こえない状態!さらに…

病院で誕生日を迎えたカニ

【ラムゼイハント症候群その11】毎日ステロイドを投与するので腕には針をずっと入れっぱなし、痛くはないけどすごく邪魔くさい。あの割れそうな頭痛が引いたと思えば今度は目眩が悪化して起きても寝てもぐるぐる体が回ってる感覚。目眩が少し和らぐと耳鳴と…

眼帯代わりに手拭いを巻くカニ

【ラムゼイハント症候群その10】水疱瘡ウイルスが顔の動きを司る三叉神経に沿って繁殖し、顔面神経を殺してしまうというラムゼイハント症候群。顔の右半分が動かないのは意外に不自由なもので、水を飲んでも麻痺した側の口元からダラダラ水が溢れるし、ご飯…

顔の右半分が動かなくなってきたカニ

【ラムゼイハント症候群その9】病室戻って早速治療が始まる。一週間毎日ステロイドの点滴を投与して繁殖した水疱瘡ウイルスをやっつけるというものらしい。1日目の点滴も終わり一眠りしてたら、田舎から心配したカニママが病室にやってきた。わざわざ来なく…

休む間もなく検査を受けるカニ

【ラムゼイハント症候群その8】ベッドに横になるや否や看護婦さんが現れて、めっちゃ頭が痛いんだけど施設案内に病院アチコチ連れ回される。そのまま担当の先生のところで色々検査、気がついてなかったけどカニの左耳の中にはビッシリ水泡ができていました!…

頭割れそうな中入院手続きするカニ

【ラムゼイハント症候群その7】フラフラになりながら大学病院にたどり着くも、入院受付で手渡された大量の書類や同意書。頭痛が酷くて何書いてるのか自分でも分からないまま次々サイン。その後ようやく病室へと案内されてベッドに横たわる事ができました。で…