たわばガニ戦記-国指定難病/黄色靱帯骨化症編-

国指定難病”黄色靱帯骨化症”になった事で体験したことを書き綴ったブログです

高校

殴るけど面白い教師も多かったと思うカニ

【カニリーヒルズ高校白書その47】頭を叩かれるのは日常茶飯事だったけど、それを根に持つようなことも騒ぎにするような事もなく、案外教師と生徒の関係は良好だった高校時代。居残りで帰るのが遅くなった時の事。外はすっかり暗くなり、星空の中に一筋の流…

叩かれるより捻られる方が痛かったカニ

【カニリーヒルズ高校白書その46】やがて頭を叩かれるのに慣れて、効き目はなくなっていくw。がしかし、そんなカニたちも恐れる存在が生徒指導の先生の必殺技!頭こそ殴りはしないものの、異常に強い指力を使った激痛尻捻りッ!コレが尻の肉がちぎれたんじゃ…

だんだん面白くなってきたカニ

【カニリーヒルズ高校白書その45】古典の先生が徒然草を読みながら「いとおかし」について解説。千年前の日本人のジョークは面白いよなーと言うから、「イヤ!現代では面白くないギャグだと思います!」と言い返してみたら、「屁理屈言うな」と教科書で頭を…

宿題をやらずに殴られたカニ

【カニリーヒルズ高校白書その44】数学の宿題を綺麗さっぱり忘れて問い詰められ、正直に徹夜でドラクエやってしまいましたと答えたけれど、先生の目がギラリと光り"ナニ?ファ〜ミコン?高校は勉強したくないやつは来なくていいんです!お前、学校や〜めろッ…

先生にはよく殴られたカニ

【カニリーヒルズ高校白書その43】昭和の高校教師はなにかとすぐ殴る人が多かったのだが。現国の授業の最中に、海外旅行の話に脱線して海外旅行に持っていく調味料とは何かという話になる。皆日本が恋しくなるから味噌とか醤油じゃないかと答えたら、満を辞…

ついに巨大モニュメントを完成させたカニ

【カニリーヒルズ高校白書その42】紅軍モニュメント組の助力を得てラストスパート!イッキに仕上げ作業に入り、運動会前日ついに4メートルのオバQは完成しましたッ!感動で咽び泣く中、実はヘルプに来てくれた紅軍モニュメントの方がじつはまだ完成してなか…

思わぬ援軍を得たカニ

【カニリーヒルズ高校白書その41】簡素化して効率はグンとあがったが、いかんせん時間と人手が足りない!急ピッチで作業を続ける白軍モニュメント組の前に現れたのが、敵である紅軍モニュメント組!暴風雨の被害が少なかった紅軍は作業に目星がついていて、…

制作方法を大幅に変えるカニ

【カニリーヒルズ高校白書その40】先輩方から代々伝わってきた制作方法ではもう間に合わないと悟り、効率重視の作業簡素化に舵を切る!作業の半分を占める新聞丸めと肉づけを全カットして、段ボールを貼って成形する事にする。さらに鉄パイプが余ってたんで…

半壊したモニュメントを目の当たりにするカニ

【カニリーヒルズ高校白書その39】翌日には嵐は去り、作業再開。おそるおそるブルーシートを外してみたけど、やはり新聞が水を吸ってグシャグシャになりほぼ半壊状態!後1週間に迫る運動会、時間はない!頭抱えるモニュメント組でしたが、落ち込んでるヒマは…

暴風雨の中ブルーシートを張り直したカニ

【カニリーヒルズ高校白書その38】授業中だったがモニュメント組が何人か立ち上がり校庭にダッシュ!激しい雨と風の中暴れまくるブルーシートと必死に格闘してなんとか応急処置を済ませるッ!そして授業にもどった頃には全身ビッショビショ!

吹き飛ぶブルーシートを目撃したカニ

【カニリーヒルズ高校白書その37】雨対策で作業をしない時はブルーシートで覆ってぐるぐる巻きにしていたのだが、ある日強烈な暴風雨が到来しました!ブルーシートはバタバタ音を立ててなびき、授業中なのに気が気でないと思ってずっと校庭を見ていたら、一…

深夜の見回りをやり過ごすカニ

【カニリーヒルズ高校白書その36】先生にバレないように深夜に不法侵入してるので、みつかるとヤヴァい!交代で見張りを立てて夜番の先生の見回りを警戒しながらの新聞丸め。やがて懐中電灯の灯りが見えた!と連絡を受け皆が思い思いの場所に身を潜める中、…

深夜の部室で夜通し新聞を丸めるカニ

【カニリーヒルズ高校白書その35】鉄パイプの土台ができると今度は肉付け作業。丸めた新聞紙をパンパンに詰めた網袋で骨組みを覆って成形していく。しかし半分くらい進めたところで新聞が枯渇!校舎と離れた場所にある文化部の部室を開放して、手の空いた有…

鉄パイプを組み上げていくカニ

【カニリーヒルズ高校白書その34】放課後しか時間がないので1ヶ月は超短い!早々に骨組みを作り始める!土台になる部分に穴を掘りパイプを立てて、直行クランプで格子状に組んでジャングルジム的な形状にしていく!高校生の素人現場なんでパイプが倒れてきた…

4メートルのオバQを作ることにしたカニ

【カニリーヒルズ高校白書その33】カニ高運動会では紅白両軍のシンボルカラーを使った巨大モニュメントを作る事が伝統になっていた。各クラスから集まった製作班が最初にするのがモチーフ決めなんですが、白色という縛りが厳しくて、これがまたなかなか決ま…

巨大モニュメントを造る事になったカニ

【カニリーヒルズ高校白書その32】カニ高運動会が開催!カニ高では1ヶ月前から全校生徒でその準備に取り組むのが伝統です。ある者は花形競技"棒倒し"の訓練を、またある者は河童の姿で街を練り歩く宣伝をと、全員がなんらかの役割をアサインされる一大イベン…

文化祭でウケてよっしゃ!と思ったカニ

【カニリーヒルズ高校白書その31】1年半に及ぶ自主制作映画は文化祭直前のほんとギリギリで完成したッ!体育館での発表時間も確保されていて、会場が観客で埋まっていく!他人の目に触れるとなると、今までとは違う緊張もありましたが、意外とウケた!まぁ、…

いよいよ締め切りに追われ出したカニ

【カニリーヒルズ高校白書その30】集まって麻雀やったり野球やったり寝たりw。自主制作映画作成も6割くらいで停滞していたのですが、ついにそうも言ってられなくなってきた!それは3年に一度のカニ高文化祭での作品発表!体育館を押さえて全校生徒に披露する…

撮影期間が長すぎて時をかけるカニ

【カニリーヒルズ高校白書その29】現像して確認するスパンも長い上に、監督の気まぐれ場面変更があったり、神様が降りてこなかったり、飽きたり遊んだりw。ダラダラしたペースのまま撮影期間は1年に及んだ!そしてそんな素材を編集で繋ぐと、カット毎に夏に…

黙々とフィルムを削る修行僧を見るカニ

【カニリーヒルズ高校白書その28】現像所からフィルムが返ってくると監督の出番、フィルムを光に透かしながら切ったり貼ったりする姿は見た目だけなら巨匠クラスw。そしてもう一人忙しくなるのが特殊効果担当のタチくん!この自主制作映画には電撃場面があり…

映画部の自主制作映画に参加するカニ

【カニリーヒルズ高校白書その27】結局ヒマだったので、映画部の自主制作映画の撮影を手伝うようになるカニ。今なら撮影から編集まで全てスマホでできちゃうわけですが、当時の撮影機材は8ミリカメラ!現像してみるまでどう写ってるかも分からないのに、フィ…

窓から珍客を迎えるカニ

【カニリーヒルズ高校白書その26】顧問の先生から逃げ回り続けて、ようやく先生も諦めたw。部費こそ自由にできなかったが、放課後自由に使えると部室が手に入ったのは大きくて、漫画読んだり寝たりと気ままにしていたカニ。そんなある日、部室の窓が外からガ…

浅はかな悪巧みを企てるカニ

【カニリーヒルズ高校白書その25】カニ高では生徒全員が何らかの部活に所属しなければならず。最初から運動部には入る気なかったので、楽そうな文化部を物色するとありました!部員ゼロの部費10万円という好物件!先輩もいないし活動もせずに部費を自由に使…

38km地点でリタイアしたカニ

【カニリーヒルズ高校白書その24】午前9時県大会決勝戦、みごと60キロ歩き通した精鋭たちと応援団が合流して、カニ高野球部にエールを送る!しかし残念ながらこの年もカニ高が甲子園に行く事はなかった…。皆が母校を応援する中、カニは足首の捻挫が悪化して3…

35km地点でひとりぼっちになるカニ

【カニリーヒルズ高校白書その23】どうやら軽い捻挫をしてしまったらしく、一歩歩くごとに痛みが走りペースはみるみる落ちていく。このままではみんな開会式に間に合わなくなってしまうので、他のメンバーには先に進んでもらう事にした。その後、後続グルー…

30km地点で足首をいわすカニ

【カニリーヒルズ高校白書その22】出発から8時間が経過して深夜0時をまわり、あたりはすっかり暗闇に。暗さと疲れで注意力が散漫になっていたのか、歩道の凹みに足をとられて大転倒ッ!ここにきて右足首をいわすという、最大のアクシデントに見舞われました…

25km地点で自販機を見つけるカニ

【カニリーヒルズ高校白書その21】学校を出てから6時間以上経ち、あたりはすっかり暗くなる。当時はまだコンビニなんてものはなく8時過ぎたら店など開いてない時代。何の準備もしていなかった手ぶら組は飲まず食わずで、腹はペコペコ喉がカラカラ。まるで砂…

20km地点でバフ効果が切れるカニ

【カニリーヒルズ高校白書その20】脚が腫れ上がった友はここで無念のリタイア、俺の分まで頑張ってくれとの想いに、残るメンバー猛烈に奮い立つ!引き継いだ志が一時皆の疲労を忘れさせましたが…。一時間もすると再び疲労でペースがガタ落ち。根性や気力や友…

15km地点で友人さんの異変に気づくカニ

【カニリーヒルズ高校白書その19】出発から4時間が経過した辺りで、メンバーがひとり急激にペースが落ち、足を引きずりながら歩き続けた果てにペタリと地べたに座り込む。大丈夫かーと皆が駆け寄ると、彼の左太ももが倍くらいに腫れ上がっていたッ!車にはね…

10km地点、無駄なスキップで体力消耗するカニ

【カニリーヒルズ高校白書その18】10kmを超えはやくも足取りが重くなってきたカニたちな連れの一人が「歩くのに疲れたらスキップすると疲れが抜けるらしいぞ」と怪情報。スキップで別な筋肉を使用して、歩きに使う筋肉を休ませることができるというハナシ。…