たわばガニ戦記-国指定難病/黄色靱帯骨化症編-

国指定難病”黄色靱帯骨化症”になった事で体験したことを書き綴ったブログです

黄色靭帯骨化症

あちこちに相談してみるカニ

【黄色靭帯骨化症その148】抜釘手術で中断していた自然退職編に戻ります。一時はダークサイドに落ちながらもメンタル回復したので、まずは専門家に相談しようと思いあちこちに電話。どこも同情して話は聞いてくれるものの、自分の知らないような新しい知識や…

ネガティブ思考に支配されるカニ

【黄色靭帯骨化症その147】完全に闇落ちした状態だったが結論はその場で出さず、3日後に答えを出すと言う事で一旦帰宅する。考えをまとめないといけないのにネガティブな思考がそれを邪魔する。社長や上司に対する恨み言が頭から離れないッ!ダークサイドに…

会社の辞めてくれオーラを感じるカニ

【黄色靭帯骨化症その146】二度目の面談は連絡ミスの謝罪から始まるも、事実6カ月以内に復帰できてない点を示されて、社内規定通りに自然退職になりますと改めて通達される。いろいろ言ってたけどあまり耳には入ってこず、半病人に戻ってこられても困るから…

ふりだしにもどるカニ

【黄色靭帯骨化症その145】数日後会社の総務部から電話連絡があり、まずは社内伝達がなされてなかった事へのお詫びがありました。やれやれこれで復職の相談ができるのかなと安堵した瞬間、「社内検討の結果、やはり自然退職という結論になりました」とのこと…

上司さんが報告を怠っていたと知るカニ

【黄色靭帯骨化症その144】カニと社長の間で行き違いがある中で、上司さんが思い口を開いて言ったセリフが「カニさんから相談があった事を報告するのを忘れていました…」。な…なんだってーーーー!!。てゆーか今それを言う!時間めちゃめちゃあったやん!不…

半年ぶりの会社で面談するカニ

【黄色靭帯骨化症その143】面接のために半年ぶりに会社へゆくと、社長と上司さんが応対してくれました。まずは1ヶ月前に連絡していた復職の相談をもちかけたのですが、社長が目を丸くして、あれ?今日は退職の挨拶と聞いてたんだけど?とのオコトバ。復職の…

自然退職ですと言われて狼狽するカニ

【黄色靭帯骨化症その142】知らないうちに退職になっていた理由は「自然退職」というもので、休職期間満了の6ヶ月で復職できない場合は無条件で退職になるきまりがあったという事。まー社則をきちんと読んでない自分が悪いてのもありますが、それでも1ヶ月前…

知らぬ間に退職になっていたカニ

【黄色靭帯骨化症その141】連絡を待ちながら呑気にリハビリを続けるカニ。なかなか連絡が来ないまま1ヶ月経過、そーこーしてるうちに病院に申請していた診断書が届いたので、休業補償と傷病手当金申請の手続きの為に会社の総務部に連絡をいれる。すると総務…

会社に復職の相談をするカニ

【黄色靭帯骨化症その140】骨折から始まった休職期間が入院3ヶ月+2ヶ月が経過。回復傾向にはあるものの未だ足元はおぼつかず、フルタイム労働は厳しそうなので、時短勤務も含めた復職の相談をしようと会社の上司に連絡。術後の経過や復職の相談を切り出して…

床面から立ち上がるのに悪戦苦闘のカニ

【カニファミリーストーリーその29】役満振ってからもうグダグダ、終わってみればマイナス全部背負った一人負けでごんす。つかーん。6時間くらいの闘牌でしたが、予想通り足腰がガチガチにロックされて立ち上がれないッ!人の手を借りる方が怖いんで、尻を滑…

地元に帰り雪で杖を滑らすカニ

【黄色靭帯骨化症その139】新幹線で2時間半、年末の地元は雪模様。実家へ向かうべきタクシー乗り場に向かおうとしたところ、突いた杖が雪で滑って超危険ッ!うわわッ!転ばぬように反射的に体勢整えたら今度は背中と左肩が連鎖爆発、ヒィ!雪国育ちなのに雪…

手すりを伝って駅構内を移動するカニ

【黄色靭帯骨化症その138】ラッシュでもまれてヨレヨレな状態で東京駅に到着。在来線から新幹線までの距離が長いのなんの!左肩爆発してるカニは左手で掴むべき手すりを右手で掴むので怪しい横移動で新幹線乗り場を目指します。手すりの存在はマジ有り難いん…

帰省ラッシュでもみくちゃになるカニ

【黄色靭帯骨化症その137】病み上がり+四十肩と満身創痍ではありましたが出発時間が迫って来たので最寄駅に向かうカニ。イヤ年末を甘く見てましたね、着いた電車は帰省客でギッシリッ!マージーカー!しかしあまり時間もないのでラッシュの海にダイビング!…

杖を突いた衝撃で肩爆発するカニ

【黄色靭帯骨化症その136】前回の四十肩から3年目にして最悪のタイミングで再発!急性期の鋭利な痛みがめちゃ辛いッ!でも新幹線は指定席とってたので痛みに耐えながら旅支度。カバンを肩にかけて玄関から一歩進み出して杖を突いた瞬間!お約束の左肩爆発!…

帰省当日に四十肩が再発するカニ

【黄色靭帯骨化症その135】帰省当日の朝、何気なく起きあがろうとした瞬間に左肩爆発ッ!ぐはぁッ!この絶望的な痛み方…カニは知っている…この痛みの正体を…。それは四十肩(3年ぶり2回目)。経験した人でないとわからないこの激痛ッ!しかも今回は背骨と足腰…

食い物に釣られて帰省を決めるカニ

【黄色靭帯骨化症その134】退院から約2ヶ月、年末は毎年帰省してるのだが、いかんせんヨロヨロ杖歩行してる身では難しいかなと判断して実家に連絡。今年は東京で年末年始過ごすわーと言ったら、美味いもので籠絡してくるカニママw。カニパパの釣った魚とか、…

条件反射で背中おもいっきり反らすカニ

【黄色靭帯骨化症その133】黄色靭帯国家症は背骨の可動域が狭くなるので体を反らすのが辛いんですが、ある日チンチンに熱くなった鍋に指が触れたて"熱ッ!"って反射的に手を引いたら、めっちゃ体反り返って大ダメージ!火傷した指先よりはるかに背中イテェ!…

聞き込みして状況を整理するカニ

【黄色靭帯骨化症その132】労基署に連絡したら医者はなんて言ってますか?とか難病の方はウチじゃないとか、その度ごとにあちこち電話して情報まとめ。つかこんな事自分でやらないかんのですかーてくらい面倒くさかったですが、結局骨折してから転院するまで…

協会けんぽから労基署にたらい回されるカニ

【黄色靭帯骨化症その131】傷病手当金の事について協会けんぽに問い合わせ。状況とか資格とか根掘り葉掘り質問攻めにあった結果、骨折と難病で支払うトコが違うみたいで、労基署に問い合わせてくださいとの事。ザ・たらい回し!まーでも病院の支払いの時も労…

傷病手当金の助言を受けるカニ

【黄色靭帯骨化症その130】ソーシャルワーカーさんに医療費還付の相談をしたところ、傷病手当金の存在を初めて知る。健保に加入してた人なら病気やケガで働けない時に生活保障が受けられるんですよとゆー話。なにそれ?知りませんよそんな制度!割と普通に会…

座って立って寝てを繰り返すカニ

【黄色靭帯骨化症その129】歩く練習の次によくやるのは座る練習。仕事柄ある程度の時間座れないとお話にならんのですが、だいたい1時間くらいで姿勢を保つのが辛くなってくる。限界で立ち上がると今度は骨盤周辺の筋肉がロックかかったように固まってて筋肉…

不意の背中ビクン!で呻くカニ

【黄色靭帯骨化症その128】なるべく歩くようにはしているものの、起きてる時間の半分以上はベッドでゴロリ。長時間体を起こすのが辛く、やっぱり疲れやすくなっているようです。そんな安静にしている時に限って訪れる"背中ビクン!"何が原因かわからないけど…

杖なしで外を歩いてみたカニ

【黄色靭帯骨化症その127】退院して1ヶ月後、脱力も起こらず室内移動は杖なしでやれるようになっていたので、深夜の杖なし散歩に挑戦。たった一本杖がないだけで、地面の起伏が危なっかしく全然頼りないペンギン歩き!100メートルくらいで脚が鉛のように重く…

深夜の公園でリハビリするカニ

【黄色靭帯骨化症その126】自宅安静を続けるカニですが、深夜の公園でひっそりリハビリをするのが日課です。室内でも出来ないことはないんですが、やっぱ靴履いてるほうがグリップ効いてやりやすいんですよね。さらに公園の鉄棒とかジャングルジムの類は土台…

洗濯でも体が伸ばせないカニ

【黄色靭帯骨化症その125】黄色靭帯骨化症はとにかく体の曲げ伸ばしが負担になるので洗濯とかも何気に一苦労。体が曲がらないので洗濯機の中の衣類を引っ張り出すだけで悪戦苦闘、背筋が伸びないので物干し竿の高さに腕を届かすだけで苦心惨憺。腰回り、脇腹…

杖と傘の二刀流に挑むカニ

【黄色靭帯骨化症その124】一通り用事を済ませてダークモカチップフラペチーノで一休みしてたら雨が降ってきました、うそーん。止みそうにないので意を決して杖と傘の二刀流に初挑戦!もうこれだけで両手塞がるてのがいきなりツライw。杖歩きは案外空いた片…

還付用書類に8週間かかると知ったカニ

【黄色靭帯骨化症その123】健常な時の倍くらい時間はかかったものの、艱難辛苦を乗り越えて一月半ぶりに大学病院に辿り着きました!文書受付で申し込みをしたところ、最長で8週間はかかるかもと言われました。えーッ2ヶ月ですか!結構時間かかるもんですねー…

四車線を渡るのはギリギリのカニ

【黄色靭帯骨化症その122】最寄駅にたどり着いてラストスパート!最後の難関は広い四車線に敷かれた横断歩道!歩行速度が亀なので広い道路をわたるのがホント大変!信号が青になると同時に渡り始めても2/3くらいで信号機の点滅始まってめちゃくちゃ焦ります…

エレベーターに乗れなかったカニ

【黄色靭帯骨化症その121】知らないおじさんの守護をうけつつ最寄りの駅に到着。確かエレベーターがあったハズ!といそいそ近くまで移動したら、そこは無情にも 点・検・中!の看板が。そんなァ〜と思いつつ遠回りしてる反対側出口のエレベーター使うのも移…

隣のおじさんに守護られるカニ

【黄色靭帯骨化症その120】電車では杖持ちのカニは席を譲ってもらえてホント有難い。世の中親切な人多いなと実感します!そんな中、座席についたカニの隣のおじさんが「怪我かい?右足?左足?」とか聞いてきたので「右足首やっちゃいまして」と答えたら、さ…