たわばガニ戦記-国指定難病/黄色靱帯骨化症編-

国指定難病”黄色靱帯骨化症”になった事で体験したことを書き綴ったブログです

地元

川辺のヌシのアヒルに追われるカニ

【たわばガニのジモトーーク!その53】小学校の頃の川遊びの話。川そばの茂みに近づくカニに、友だちが後ろから声をかけてくる。「オイ!そこヤバいアヒルがいるから気をつけろ!」えっ?アヒル?ゆうてもアヒルでしょ?平気平気wと縄張りに足を踏み入れた途…

捏造心霊写真を撮ってたら…だったカニ

【たわばガニのジモトーーク!その52】小学生当時心霊写真が流行っていて、学校行事とかで写真を撮る時は、たいてい誰かが手を友達の肩に乗っけて捏造心霊写真に仕立て上げていた。そんな写真が現像されて皆で眺めていたら、全然知らない男の子の顔がボンヤ…

誰もいない家で恐怖におののくカニ

【たわばガニのジモトーーク!その51】午前授業で早く家に帰った時のこと。たまたま家族が出かけてて家にひとりぼっちの状態に。なんだか静か過ぎて怖くなり、賑やかになると思いテレビをつけたらまさかの心霊写真特集ッ!おどろおどろしいBGMと不気味な姿の…

慣性の法則に則ったカニ

【たわばガニのジモトーーク!その50】ワックス塗りたての廊下は滑りが良くて床掃除もめちゃくちゃスピードが乗るようになる。そんな掃除中に長い廊下をダーッと雑巾で拭き掃除していたカニは足を滑らせ膝をつく!しかしワックス塗りたてのテカテカ廊下では…

ワックス塗った床で雑巾滑りっこするカニ

【たわばガニのジモトーーク!その49】通っていた小学校の校舎が木造だったので、年に何度か床や廊下へのワックス塗りがあった。ワックスを塗ったばかりの床はテッカテカに光沢がでて滑りがイイ!ここぞとばかりに助走をつけて雑巾に飛び乗り何メートル滑れ…

配膳室に忍び込み牛乳を飲むカニ

【たわばガニのジモトーーク!その48】小学生の頃友達と流行った遊びがある。それは放課後の給食配膳室に忍び込み、余った牛乳をみんなでどれだけ飲めるか競う遊び!3〜4人で侵入笹で皆4本以上は飲むので15〜20本くらいを飲み散らかしていた!捨てるくらいな…

小手がハンパなく臭いカニ

【たわばガニのジモトーーク!その47】先生でも同級生でもない、剣道部の最大の敵は練習直後にやってくる!それは"小手がクセェ!"ww。面も臭いけどやっぱ小手!剣道の防具は洗濯ができず陰干しが基本なんですが、練習直後に小手を外した自分の腕から立ち上…

防具の無いところを打たれるカニ

【たわばガニのジモトーーク!その46】先生の重たい一撃もクラクラするが、もっと怖いのは同級生同士のかかり稽古。お互いヘタクソなものだから、防具のついてないところを全力で叩きがち!とりわけ小手を外れた腕と胴を外れた脇の下は転げ回るほど痛いッ!…

稽古後に頭クラクラになるカニ

【たわばガニのジモトーーク!その45】怖い先生に皆が並ばない理由は単純明快で、シンプルに痛い事!かなり容赦なく打ってくるので防具の上からでもめちゃくそ痛いッ!面とか打たれると頭クラクラするレベル!死ぬわ!と思いながら練習してましたッ!

かかり稽古で怖い先生側に並ばされるカニ

【たわばガニのジモトーーク!その44】剣道場には二人の先生がいて、一人はめちゃくちゃ怖くてもう一人がめちゃくちゃ優しいとゆーアンバランスな構成。当然小学生は優しい先生に稽古つけてほしいので、行列がめちゃくちゃ偏るwww。でも結局列の半分は強制的…

氷点下の中裸足で素振りをするカニ

【たわばガニのジモトーーク!その43】自他共に認める文化部気質のカニですが、実は小学校4年生から中学3年生までの6年間運動部に在籍した事があります。それは何故か剣道部!雪国の地元の冬は当たり前のように氷点下になり、板敷の道場は常にキンキンに冷え…

学校の帰り道便意をもよおすカニ

【たわばガニのジモトーーク!その42】たしかコレも小学校低学年の時の事。学校の帰り道に突然便意をもよおし肛門の緊急事態宣言!家までまだまだキョリがあるのにウンチくんはドアをノックしつづけ、カニは脂汗ダラダラ!これはとても家まではもたない!と…

はじめての洋式便器で扉を直撃するカニ

【たわばガニのジモトーーク!その41】洋式便器に初めて出会ったのは父方のジーサンち。確か小学生低学年の頃だったと記憶してる。たまたま改築した直後で座ったままウンコするのも変な感じで落ち着かない。そこでちょっと気を抜いてオシッコしたら、イキオ…

前を向いてウンコするようになったカニ

【たわばガニのジモトーーク!その40】カニが10歳の時にカニパパは家を建てたので引っ越しをした。そこで遂にトイレに水洗機能が搭載され脱ポットン便所!と思いきや、仕組み自体はポットン穴に蓋がついただけで、レバーを引くとウンコが落ちて水が流れる仕…

子供の頃ポットン便所が怖かったカニ

【たわばガニのジモトーーク!その39】カニが10歳まで住んでた家のトイレは汲み取り式のいわゆるポットン便所だった。自分の一番古い記憶ではまだ幼稚園だったと思うけど、穴の中はウンコで満ち満ちた暗黒空間で、落ちたら一巻の終わりの恐怖の空間だった!…

ビショ濡れの新聞紙を配達するカニ

【たわばガニのジモトーーク!その38】転んで道に散らばった新聞紙を拾い集めてみたのだが、何部か水に濡れてビシャビシャになってしまった。今考えれば販売所に新しい新聞を取りに行くべきだったのですが、当時浅はかな中坊だったカニは、朝までには乾くだ…

凍った道でクルクル回ったカニ

【たわばガニのジモトーーク!その37】新聞配達コースの中に常に雪かきが済んでる通りがあった!どうやら近所の超早起き爺さんが午前3時頃にしてたらしい。軽快に自転車を漕げるボーナスエリア!ついつい速度を上げたら、雪が無い分路面は凍りついてアイスバ…

つま先チョコチョコ乗りをするカニ

【たわばガニのジモトーーク!その36】新聞紙を積むと自転車はさらに重くなり、雪の中を漕ぐのはもはや無理なレベル!しかし自転車に乗ってる方が楽なはずという思い込みもあったせいか、ペダルから足を下ろして直接地面を蹴って進むチョコチョコ乗りで対処…

折り込みチラシで指を切るカニ

【たわばガニのジモトーーク!その35】販売所ではまず店長に配達分の新聞を渡される。それを作業台に乗せて当日のチラシを手で折り込んでいく。クリスマスや正月は下手すると新聞本体より多くて重量ハンパない!そしてチラシを折り込んでると割と頻繁に紙の…

未踏の新雪に自転車で漕ぎ出すカニ

【たわばガニのジモトーーク!その34】夏とは打って変わって冬の新聞配達は超過酷!午前4時はまだ近隣の人の雪かきも始まってないし、クルマの轍一つない一面銀世界!その中を自転車で漕ぎ出すのだが、まー雪の抵抗がハンパないッ!タイヤと泥除けの隙間に雪…

ツインファミコンが欲しくて新聞配達を始めたカニ

【たわばガニのジモトーーク!その33】カニの人生初のアルバイトはベタだけど地元紙の新聞配達!というか当時地元で中学生でもできるバイトはそれくらいしかなかったけどw。毎朝2時間くらいで月給2万円!今考えると時給330円とかだけど、当時の中学生には破…

カニパパの謎の儀式を見つめるカニ

【たわばガニのジモトーーク!その32】生け捕りにしたハエは素早く羽をむしり、灰皿の上でしばし放置して観察したりしてたカニパパ。えぇっ!て思いながらも興味本位で一緒に手元を覗くカニ。飛べないんでデカめのガラス製の灰皿の上をウロウロ動き回るんで…

空中キャッチに剣豪か!と思ったカニ

【たわばガニのジモトーーク!その31】そんな訳で夏はひたすらハエを叩き続けるカニ家。暑いと動きが活発でなかなか仕留められないハエも、夏が過ぎ秋になり気温が下がってくる動きが鈍ってきて簡単に叩けるようになる。そのくらいの時期になるとマスター・…

カニパパの技に驚くカニ

【たわばガニのジモトーーク!その30】ハエを潰すのは力の入れ過ぎだとハエタタキマスターの助言。カニの腕にハエが止まった所をカニパパの奥義!ソフト打ちが炸裂するッ!ハエタタキの先が体に当たったかどうかも気が付かないほどのやわらかなタッチ!でも…

デカいハエのトラップにかかるカニ

【たわばガニのジモトーーク!その29】カニパパの指導の下、ハエ叩きスキルがどんどん上昇するカニw。毎日ハエと格闘してると時々2倍くらいデカいヤツが紛れてるのに気がつく。いつも通りにバチコン叩くと!そいつの腹からはちっさいサイズのウジがゾワゾワ…

ハエ叩きの指導を受けるカニ

【たわばガニのジモトーーク!その28】馬小屋ほどじゃないけれど、家の中にもハエはブンブン入ってくる。幼いカニがハエ叩きを振り回すけど全然打ち落とせないでいると、カニパパはハエ叩きを奪い取り百発百中でハエを叩き落とすスナイパーぶり!見事な腕な…

夏場はハエとの戦いだったカニ

【たわばガニのジモトーーク!その27】カニは昔馬小屋のある家に住んでいて、馬がいつも近くにいた。大型動物と生活すると地味に苦労する事もあり、そのひとつが夏場の大量のハエ!馬にたかるハエが部屋の中もブンブンと飛び交う状況!当時はまだ家のトイレ…

馬糞はいい香りだと思ってたカニ

【たわばガニのジモトーーク!その26】そんな馬が身近にいる環境だったので、昼飯時に馬がシッコジョボジョボ出そうが、ウンコボロボロ落とそうが、一切気にならない少年だったカニ。逆に馬糞の発酵する香りがかぐわしく感じる程でした!馬はシッコする時に…

アルプスの少女ハイジは嘘と知るカニ

【たわばガニのジモトーーク!その25】馬小屋の壁には垂直はしごが備え付きで、危ないからと言われながらもヨチヨチ登って遊んでいた。二階にはキューブ状に圧縮された藁が積んであり、アルプスの少女ハイジのフカフカの藁のベッドに憧れていたカニは一度思…

馬小屋で夜の馬にビビるカニ

【たわばガニのジモトーーク!その24】運動場横には馬小屋があり、常時3〜4頭は馬が入ってたはず。たまに餌をあげるのを手伝ったりして、昼間はなんて事ない馬小屋だけど、夜になると真っ暗な中で馬たちの目が光出す!暗闇で動く馬の頭はモンスターチックで…