たわばガニ戦記-国指定難病/黄色靱帯骨化症編-

国指定難病”黄色靱帯骨化症”になった事で体験したことを書き綴ったブログです

筑前国一宮筥崎宮を参拝するカニ

【カニ神社紀行その4】博多駅から地下鉄移動で箱崎宮前下車、筑前国もうひとつの一宮・筥崎宮参拝です!こちらは稲荷神社についで数が多い八幡神社、その中でも三大八幡宮に数えられる日本最古の八幡宮!祭神は八幡神こと15代天皇・応神天皇!ちなみに八幡と…

筑前国一宮住吉神社を参拝するカニ

【カニ神社紀行その3】九州初日は筑前国一宮住吉神社を参拝しました!博多の街のど真ん中の鎮守の森に鎮座しているオヤシロです!全国に2000社あると言われる住吉系神社の中でも三大住吉と呼ばれ、中でも筑前国の住吉神社は来歴的に日本最古!祭神は住吉三神…

西海道へ向けて飛んでいくカニ

【カニ神社紀行その2】プロジェクト休暇を2週間もらい、長らく行きたかった西海道(九州)に向かって飛び立つカニ。東北生まれで東京暮らしのカニにとって修学旅行の京都あたりがギリギリ西の果てで、九州は全くの未踏エリア!土地勘ないながらも博多空港へと…

全国一宮行脚を決意するカニ

【カニ神社紀行その1】カニはゴリゴリの歴オタ!司馬遼太郎をきっかけにズイズイ日本史にハマり、幕末・戦国時代を経て古代史にハマっていた時期があった。日本神話と歴史の境目があいまいな5世紀あたりが面白く、神様が祀られた神社自体に興味を惹かれる。…

見知らぬオジサンをビビらすカニ

【親知らず激闘篇その5】抜歯後の帰宅途中、電車に揺られながらだんだん口の中に血が溜まっていく。飲み込むのもあれなんで途中下車して駅のトイレに駆け込み、軽くうがいして洗面台に吐き出されたのは大量の血ッ!隣にいた見ず知らずのオジサンが"ヒィッ!"…

抜歯でメンタル的に疲弊するカニ

【親知らず激闘篇その4】たかが親知らずされど親知らず、抜歯ではあるが口腔外科の領域での施術となりましたッ!まずは麻酔シートをかるくはんで患部を麻痺させ、その後歯茎に麻酔注射!施術が始まるとレーザーを使っているのか爪を焼くようなイヤな匂いと、…

抜歯の説明だけでビビるカニ

【親知らず激闘篇その3】紹介状を携えてイザ大学病院へ。担当の先生がレントゲンを見るや否や厄介な生え方してますねと一言…。歯茎を切開して、親知らずをカッターで3分割して取り除いて、後は縫い合わせて終了ですと丁寧な説明を頂きましたが、思ったより大…

抜歯の為に大学病院行きになるカニ

【親知らず激闘篇その2】親知らずと診断されて、抜歯は覚悟したカニ。でも見事なまでに横倒しな上、すっかり歯茎に埋まっているこの親知らずを取るのはウチじゃ難しいと先生。紹介状を書いてもらい、大学病院へと行くことになりました。思った以上に厄介な生…

朝起きたら右頬が腫れてたカニ

【親知らず激闘篇その1】ある朝目が覚めたら右頬が腫れてジンジンと痛むッ!虫歯があるわけでもなかったのだが、痛みが治らないので近所の歯医者へ向かう。歯医者さんが言うには親知らずによる炎症による腫れ!レントゲンにはガッツリ横倒しになった親知らず…

見た目がゴージャスに見えたカニ

【フレンチブルのブーちゃんその23】ブーちゃん子宮筋腫!カニママはこんなにちっちゃいのに手術なんてかわいそうと泣いてましたが、ほっといても悪くなる一方だし手術をする事になりました。手術は1時間ちょっとで無事成功して、ブーちゃんは1泊入院するこ…

ブーちゃんは子宮筋腫だったと聞くカニ

【フレンチブルのブーちゃんその22】ブーちゃんは半年に一度生理(ヒート)になるのだが、ウチに来て2〜3年後、出血が長引いてなかなかとまらなくなるトラブルが。あまりに続くので病院で診てもらったところ、ブーちゃんに子宮筋腫が発覚しました。エーッ!こ…

ブーちゃんの嫌いなものが分かったカニ

【フレンチブルのブーちゃんその21】結局食事中はいろんな人のところに行ってひたすらおねだり、なんだかかわいそうになってきて、ついにはブーちゃんおねだり用皿ができたッ!味付けする前のささみ肉とか豆腐とか煮干しとかちょっぴりずつ!それを皆でちょ…

ごはん瞬殺で結局おねだりされるカニ

【フレンチブルのブーちゃんその20】カニの"よし!"の合図と共にドッグフードを吸い込むように食べるブーちゃんw。やれやれやっと自分のご飯だと席に座って茶碗を持ち上げたくらいのタイミングで脚をトントンと小突かれるw。ドッグフード瞬殺で、今度はおこ…

ブーちゃんにプチいやがらせをするカニ

【フレンチブルのブーちゃんその19】席につくのははやいブーちゃんだが、人間の食事は犬には塩分多くて良くないのであげられませんw。早々に椅子から下ろしてドッグフードの準備をするとピョンピョン飛び上がって大喜びッ!ここでちょっとイタズラ心がでたカ…

いやしんぼブーちゃんに呆れ返るカニ

【フレンチブルのブーちゃんその18】実家で飼ってたフレンチブルのブーちゃんはとにかくいやしんぼ!ご飯を食べた後だろうが何だろうが、食べ物の気配にはめちゃくちゃビンカンッ!とくにビニール袋のガサガサ音には反応が早くて、どんなに遠くに居ても一瞬…

ストーブのダクトが外れてパニクるカニ

【カニとジモティーズその15】教室のストーブは本体からダクトを通じて建物の外に煙を排出。しかし、とある授業の最中に轟音と共にダクトが外れて落下したッ!教室内パニック!ススと煙で大変な状態になりましたッ!まー経年劣化もあるだろうけど、ダクトを…

うっかり灯油をブチまけるカニ

【カニとジモティーズその14】当時のクラスでは日替わりでストーブの灯油当番とゆー役目があった。ポリタンクを用務員さんのところに持っていき灯油を運び、ストーブに補充するのだが注意力散漫な小学生は1シーズンに何回かはポリタンクを倒して灯油をよくブ…

冬の定番ホットミルクを楽しむカニ

【カニとジモティーズその13】教室のストーブのもうひとつの仕事は加湿器代わり。水を張った金だらいを載せておくだけでシュンシュン音を立てて湯気が立ち昇るッ!そして3限目の終わには金だらいの前では早い者勝ちの牛乳セットッ!給食時間にはチンチンにあ…

焦げ臭い中で授業を受けるカニ

【カニとジモティーズその12】当時の教室はまだヒーターじゃなく石油ストーブ。通学途中雪でビショビショの手袋をみんな競って安全柵にかけて乾かす。そのまま授業にはいるわけだが、何人か手袋を不用意に近づけすぎる奴がいる。乾燥を通り越してチリチリと…

雪の日は長靴が脱げなくなったカニ

【カニとジモティーズその11】東北生まれのカニの雪の記憶。小学生の頃は地域の子供が集まって集団登校というものをしていた。真冬になって大雪でも吹雪でもとにかく歩いて投稿する雪中行軍!寒くて大変なのもあるけど、何たって雪の量!早朝でまだ誰も歩い…

やんごとなき方に人生最接近するカニ

【カニ田一少年の事件簿その35】よくよくみると辺りはSPだらけ。そんな厳戒態勢の中、相撲も中入りのあたりに会場に広がる今日一番の歓声と拍手!まさかの天皇皇后両陛下が登場ッ!うぉぉぉぉッ!マジですかッ!その距離わずかに5m!歴史メイニアの自分にと…

相撲観戦中に隣のSPが気になるカニ

【カニ田一少年の事件簿その34】そんなこんなで国技館も近くて力士が身近なエリアに住んでいたカニは、年に数回大相撲を観戦していた。その日もたまたま当日券を購入できたので二階席から取り組みを観戦してたら、インカムで何やらボソボソと連絡を取り合う…

サウナで横綱(当時)に遭遇するカニ

【カニ田一少年の事件簿その33】大関・貴ノ浪に遭遇してからしばらく経った頃、カニはサウナで汗を流していた。真下を見てたので誰が入ってきたかは確認しなかったのだが、目の前に一際大き過ぎる尻がデンと現れる。頭をあげたら、これまた広過ぎる毛の生え…

ゲーセンで大関(当時)に遭遇するカニ

【カニ田一少年の事件簿その32】上京した頃、よく両国のゲームセンターに行ってたゲーセン小僧のカニ。そんなある日、アウトラン(1986年セガ)の大型筐体から一際デカい脚がでんとはみ出してました。なんか気になるなと思っていたら、立ち上がったのは当時の…

その後しばらくヨレヨレになるカニ

【カニと旅その14】チュウさんの杖も借りて二刀流で膝の負担を軽減。それでも歩くごとに激痛が走り都合6時間かかって五合目まで辿り着きましたッ!登りと合わせて15時間以上富士山の山肌に張り付いていた事になりますなー。その後はタクシーで麓まで降りまし…

膝の激痛で歩けなくなるカニ

【カニと旅その13】一歩歩くごとに膝に激痛が走り、下山は亀以下のナメクジレベルのスピード。途中休み休みですっかり辺りは暗くなってしまった。同行者のチュウさんに申し訳なくて、カニはゆっくり降りるんで先に下山してくださいとお願いしたところ、誘っ…

下山でついに両膝が爆発したカニ

【カニと旅その12】富士山頂からの眺めを堪能して本来ならお鉢巡りをする予定が、登りで予想外に時間がかかった為に頂上滞在時間わずか30分で下山の途に着く。しかし!降り始めてすぐに両ヒザに激痛が走るッ!足をつく度に飛び上がりそうな痛みに脂汗ダラダ…

ついに日本最高峰に登頂したカニ

【カニと旅その11】富士山は九合目が長かった…。逃げる山頂を追いかけながらさらに登り続ける事1時間、果てしなき道と思われた道もついに頂上へとたどり着きましたッ!かかった時間は9時間くらい!後半スピードガタ落ちで、平均よりもはるかに遅いペースみた…

山頂がどんどん隆起してると疑うカニ

【カニと旅その10】両足がつり両膝はボロボロだったけど、山頂は目視できるほどの距離!ここでリタイアしては二度と富士山を制覇する機会はないと思い、意を決して山頂へ向かうッ!しかし疲労でガタガタになった足腰は数歩あるく度にふくらはぎがツッパり、…

九合目で右足もつるカニ

【カニと旅その9】雲を突っ切ったら雨が止んだ。でも道はますます険しくなり、場所によっては両手使って這い上がるところも!そしてこの辺に来ると高山病らしき人もチラホラと。カニはチュウさんの酸素缶でちょいちょい酸素を補給、その効果があったのか高山…