たわばガニ戦記-国指定難病/黄色靱帯骨化症編-

国指定難病”黄色靱帯骨化症”になった事で体験したことを書き綴ったブログです

仕事

ブラック企業脱出を決意するカニ

【はたらきガニメモリアルその36】休みがない、拘束時間が長い、給料が安い、残業代が出ないに加えてパンチの効いた社長の横暴といいとこ無しの会社だったが、退職を決意したのは正月の訓示。年始で機嫌はよかったのだけれど、"私は元旦に全身が光に包まれて…

灰皿が飛ぶ会社に居たカニ

【はたらきガニメモリアルその35】キレた社長の怒声が響くのも日常茶飯事。しかしその日は先輩社員がめちゃくちゃ食い下がって口論がヒートアップ!ブチ切れMAXの社長はやおら机上のガラス製の灰皿を掴みぶん投げるッ!これにはさすがに皆ドン引きィ!当たっ…

エレベーターでともだちんこされるカニ

【はたらきガニメモリアルその34】キレやすい社長は機嫌の良い時はやたらボディタッチが増える。仕事中に猫撫で声で近づいてきて肩揉みしてくるくらいなら良いのだが(ウザいけど)。さらにゴキゲン度がMAXの時にエレベーターに居合わせた時は、何の脈絡もなく…

キレる社長から逃げ惑うカニ

【はたらきガニメモリアルその33】最初に就職した会社の社長はとにかくすぐキレる瞬間湯沸かし器!仕事中でもおかまいなしにすぐ怒鳴り散らして説教を始める!会社内で同僚さんが姿を消したら説教中と言う状態。それがエスカレートして、ついにはプライベー…

ゴミ置き場から戦利品を持ち帰るカニ

【はたらきガニメモリアルその32】3日間にわたるイベントを終えて、当然ブースの解体・撤去もセルフサービス。他社は業者さんが手際よく作業を行い、結局一番遅くまでかかってブースをバラし会場を後にしました。ハードなばかりの展示会でしたが、ゴミ捨て場…

お客様を殴りたくなるカニ

【はたらきガニメモリアルその31】初日のバイヤーズデイが終わると翌日からはユーザーも入場しての一般日となり、人は更に増えて大忙し!大人相手のバイヤーズデイと違いガキもといお子様がいっぱいになるのも一般日。そんなお子様のインストラクターをして…

1時間並んで1分で立ち去るカニ

【はたらきガニメモリアルその30】ゲームショウには仕事で来てたけど、わずかな休憩時間を使って気になる新作ゲームコーナーに並んだりした。さすがの人気作は大行列の1時間待ち!なんとか自分の番になったけど、客同士の対戦格闘ゲームで連勝続ける相手に1…

試遊台をフリーズさせられるカニ

【はたらきガニメモリアルその29】チラシ配り以外に試遊台の横で新作ソフトの説明をする役目めある。ただ業者日には時々眼光鋭い同業者らしき人物がフラリと立ち寄り、あきらかに特殊な挙動をめちゃくちゃ試してバグをその場で見つけて、試遊台のゲームをフ…

美人コンパニオンと並んでチラシを配るカニ

【はたらきガニメモリアルその28】結局ゲームショウは見学ではなく通常業務w。チラシを配ったり試遊台の側で説明をしたり、ブースにへばりついての仕事です。いざ開場すると大手メーカーはコスチュームに身を包んだコンパニオンの美女が居並び、私服のまんま…

ブース設営に駆り出されるカニ

【はたらきガニメモリアルその27】社長命令で新人たちはゲームショウに参加する事になる。当時はまだゲーム好きな新人たちは新作ゲームがプレイできるとワッと盛り上がりましたが、そんな甘い話はないw。開催前日の夜、資材を車に積んで会場に行き新人総出で…

5分間だけ京都出張したカニ

【はたらきガニメモリアルその26】超特急で致命的バグを修正してデバッグして4時間後に修正版ロムが完成。社長を追いかけるカタチでカニがロム持って緊急出張!今ならネットですぐ修正版を送信できるし、最悪修正パッチという手段もあるんだけど、当時は一発…

束の間のマスターアップだったカニ

【はたらきガニメモリアルその25】2週間にわたるデバッグで力尽きたカニたちに届くマスターアップの報告!というかもう締め切りギリギリで待ったなしな状態!死屍累々の中、社長自らが京都御所と呼ばれる有名ハードメーカーに完成ロムを直接届けに向かいまし…

ロムが生焼けでムダ足を踏んだカニ

【はたらきガニメモリアルその24】10kmの距離を往復しなければならないのは、電話だけでは何ともならない物理的な問題。今ならインターネット経由でデータをやり取りできますが、当時はゲームのデータを焼き付けた「ROM」という部品を受け取らないとダメで、…

修正の度に10km往復するカニ

【はたらきガニメモリアルその23】デバッグで不具合が発見されたら、それらをリスト化してプログラマーに引き渡して修正してもらい最デバッグというルーティーン。なもんで本来プログラマーてのは開発に欠かせない存在なのだが、当時の会社の社内にはプログ…

長時間デバッグで感情を失うカニ

【はたらきガニメモリアルその22】デバッグとは発売前のゲームをひたすらプレイして不具合が起こらないかを確かめる作業。不具合があれば報告して修正版を再度チェックの繰り返しである。新人だったカニたちは皆ゲーム好きだったので楽しみながらデバッグを…

営業から開発に再配置転換されるカニ

【はたらきガニメモリアルその21】直訴が効いたのかめぼしい新作がなかったのか、営業に回った新人たちは半年ぶりに開発職へと配置転換されました。さー、いよいよ開発だ!とやる気満々に職場へ向かうと最初の仕事は海外版のソフトのバグを探してひたすらゲ…

半年が過ぎて開発職復帰を直訴するカニ

【はたらきガニメモリアルその20】新しい営業部長はやる気満々だったが、こっちはそれに反比例してやる気だだ下がりになっていく。社長の強引な配置転換で営業にまわり、希望してたゲーム開発に関われずフラストレーションがたまる中、ある日ついに新人全員…

開発職に戻りたかったカニ

【はたらきガニメモリアルその19】シロウト営業を半年続けたものの、仲間内で顔を合わせれば開発に戻りたいねと愚痴をいう日々。そんな中、元食品会社の営業部長という人が中途採用されてシロウト軍団のトップに立つ!やる気満々の部長とは裏腹に、こっちは…

ねぎらいの言葉が嬉しかったカニ

【はたらきガニメモリアルその18】気を取り直して小売店回りを続けて何軒目かの小さな個人経営の古い玩具店。半分ヤケクソの営業スマイルで挨拶したら、中にはおばあちゃんがひとりで店番していましたッ!そのおばあちゃんはサッと奥に行って"ごくろうさま、…

メンタル的に疲弊してくるカニ

【はたらきガニメモリアルその17】Sデパートを皮切りに住所録を頼りに大型電気店やゲームショップなどの小売店を次々回って販促用のチラシを配るカニ。しかし"忙しいから帰れ!"、"お前の所の商品などいらん!"、"前に来てた営業に騙された"とか、どこの店も…

営業用スマイルを覚えたカニ

【はたらきガニメモリアルその16】カニの営業担当区域はK県で、最初に訪問したのは駅前にある大手のSデパート!意を決して正面口から突入した途端にいきなり呼び止められ、"営業は裏から回れ、常識だろ!"といきなりキツイ洗礼w、んだコラァ!と一瞬思いつつ…

クソ重い紙袋を抱えて会社を出るカニ

【はたらきガニメモリアルその15】当時はスマホはおろか携帯電話すら普及してなくて、とりあえず小売店の住所録と周辺地図のコピーを各自取る。次に渡されたのは販促用チラシがギュウギュウに詰まった紙袋4つ!これがまた肩や指に食い込むほど重いッ!何をす…

突然配置転換されるカニ

【はたらきガニメモリアルその14】グラフィック作成の仕事をするカニたち新人にきまぐれ社長の突然の命令通達。皆言われた通り入社式以来の背広を着て集まると、デカい紙袋を手渡され「今から営業行ってこい」と一言。イヤイヤ、ウチら営業の仕方なんて全然…

静電気で仕事がぶっ飛ぶカニ

【はたらきガニメモリアルその13】このマシーンの裏側は基盤とブラウン管が剥き出しの構造で、乾燥した季節に静電気体質の人が後ろを通っただけで、端から順番にマシンが落ちるというデリケートさw。数時間分の仕事が一瞬でパーになるアクシデントが続き、ど…

先輩社員のレバー捌きに唸るカニ

【はたらきガニメモリアルその12】支給された謎のマシーンを触ってみると、左レバーで画面内のカーソルを動かして、右レバーの4方向にドット打ちやスポイト、カラー選択が割り振られていました。つまり無駄にデカくてインダストリアルだけど要はマウス!あま…

謎マシーンと対面するカニ

【はたらきガニメモリアルその11】新卒無試験で潜り込んだのはブラック臭漂うゲーム会社!デザイン部門での採用だったものの、当時はまだ今のように世間的にも開発機材は充実しておらず、各メーカーが独自の機材を使っていました。タブレットも液晶モニター…

睡眠不足を仕事中に補うカニ

【はたらきガニメモリアルその10】社長は同じ給料で2倍働かせれば2倍儲けが出るとでも計算したのかもしれないが。実際のところムリはすぐにたたって、仕事中ほぼ誰かは寝てる様な状態になり、状況が状況なだけに暗黙の了解になるw。結果的にパフォーマンスは…

社長の毒気にあてられるカニ

【はたらきガニメモリアルその7】社長の訓示はいかに自分が優秀か、いかに新人たちは無能かを洗脳気味に叩き込んでいくスタイル。募集要項の1日8時間労働も自主勉強と言い換えて残業代なしで拘束。朝7時から深夜0時過ぎまで毎日18時間に及ぶ労働基準法無視の…

入社式で社長訓示を受けるカニ

【はたらきガニメモリアルその6】独身寮の中で衝立を唯一立てなかったカニ部屋は皆の集会所になり、軽い懇親会をして入社前日の夜は更けていった。そして記念すべき社会人1日目!電話一本で採用されたので、初めて社長の顔を見た。まだ擦れてない新社会人の…

天袋を日本一活用したカニ

【はたらきガニメモリアルその5】押し入れの上にある小さな収納の事を"天袋"といい、たいていのオウチでは滅多に使わない道具をしまっているはず。カニの居住スペースだったハイベッドの床面と天袋の床面が見事にフラットだったので、この際なんで襖を外して…