たわばガニ戦記-国指定難病/黄色靱帯骨化症編-

国指定難病”黄色靱帯骨化症”になった事で体験したことを書き綴ったブログです

讃岐国・金刀比羅宮を参拝するカニ

【カニ神社紀行その113】ことでんで更に移動して、讃岐国と言えばスルーできない"こんぴらさん"こと金刀比羅宮参拝です。賑やかな参道の785段ものなが〜い階段をひたすら登る苦行w。脚ガクガクになりながら本殿へ!祭神はオオモノヌシと崇徳天皇。オオモノヌ…

讃岐国一宮・田村神社を参拝するカニ

【カニ神社紀行その112】高松市内から琴平電鉄(ことでん)に乗って一宮駅へ移動。住宅地の中に鎮座する讃岐国一宮・田村神社参拝です。こちらの祭神は、卑弥呼の可能性が疑われるヤマトトヒモモソヒメはじめ、キビツヒコ、サルタヒコ、アメノカグヤマ、アメノ…

高徳線で讃岐国に入国するカニ

【カニ神社紀行その111】板東駅から再び高徳線に乗ってイッキに県境を超えて香川県に侵入。30ヵ国目・讃岐国に入国です!現在の香川県全域が讃岐国エリア。土地の東西の長さを"緯(ぬき)といい、四国の中で一番緯(ぬき)が狭かったので、狭緯(さぬき)転じて讃…

阿波国一宮・大麻比古神社を参拝するカニ

【カニ神社紀行その110】徳島駅に戻り、今度はJR高徳線にて板東駅へと移動、大麻山のふもとに鎮座する阿波国一宮・大麻比古神社参拝です。祭神はオオアサヒコとサルタヒコ。オオアサヒコは天孫ニニギの降臨に随伴したアメノフトダマとされ、阿波の地に麻を植…

阿波国一宮・上一宮大粟神社を参拝するカニ

【カニ神社紀行その109】一宮神社からさらに自転車で10km近く山道を登る山岳王状態!これはキツかった!そんな神山エリアに鎮座するのは阿波国一宮・上一宮大粟神社参拝です。下一宮の一宮神社と対をなすオヤシロで、祭神は穀物の神オオゲツヒメ。伊勢から神…

阿波国一宮・一宮神社を参拝するカニ

【カニ神社紀行その108】八倉比売神社から、さらに西へ5km自転車で爆走!阿波国一宮・一宮神社参拝です。こちらは山頂にあった一宮が参拝に不便という事で分祀されたオヤシロなそう。祭神はオオゲツヒメとヤグラヒメ。オオゲツヒメはトヨウケの異称とされ、…

阿波国一宮・八倉比売神社を参拝するカニ

【カニ神社紀行その107】徳島駅で高速バスを下車して、レンタルサイクルを借りて点在する一宮を弾丸参拝することに。まずは10kmほど西に向かい最初の阿波国一宮・八倉比売神社参拝です。こちらの祭神はオオヒルメ、アマテラスの異称ともされ、神社の名前であ…

高速バスで阿波国へ入国するカニ

【カニ神社紀行その106】淡路を通過して渦潮で有名な鳴門大橋を渡り四国へ初上陸。ちなみにイザナギ・イザナミの2番目の子供が四国なんだそうです。そんなわけで29ヶ国目・阿波国入国です!現在の徳島県とほぼ同じエリアが阿波国は、なんたって阿波踊りが有…

淡路国一宮・伊弉諾神宮を参拝するカニ

【カニ神社紀行その105】オヤシロの鎮座する淡路島の真ん中ちょい北寄りまでバス移動。淡路国一宮・伊弉諾神宮参拝です。大きな石鳥居に整然と並ぶ石灯籠、神馬像に至るまで白一色で神聖な佇まいです。名前の通り祭神はイザナギ・イザナミのニ神、淡路島はじ…

高速バスで淡路国へ入国するカニ

【カニ神社紀行その104】和歌山県新宮市から元来た道をグルっと逆走してスタート地点の大阪まで戻り、そこから高速バスで明石大橋を渡って28ヵ国目・淡路国入国です。今は兵庫県の管轄になる淡路島全部が淡路国エリア、淡路には四国にある阿波国への道という…

紀伊国・熊野本宮大社を参拝するカニ

【カニ神社紀行その103】新宮からバス移動で行けるんですが、ちょっと手前で降りて熊野古道を歩いてみました!1000年以上いろんな人が行き来した古代の道はロマンありますな。そんな歴史の詰まった石畳を歩きつつ、熊野三山・熊野本宮大社参拝です。祭神のケ…

紀伊国・熊野速玉大社を参拝するカニ

【カニ神社紀行その102】紀伊勝浦からバスを乗り継ぎ新宮市へ移動。熊野三山・熊野速玉大社参拝です!祭神の熊野三所権現のひとりクマノハヤタマオは薬師如来の化身とされてる一方、一緒に祀られる女神クマノムスミと共にイザナギ・イザナミとも言われている…

紀伊国・熊野那智大社を参拝するカニ

【カニ神社紀行その101】一宮は巡ったけれど紀伊国に来たからには素通りできないオヤシロがあります…それは熊野詣で!と言うわけで和歌山市からJR紀勢本線で紀伊半島をグルリ半周して紀伊勝浦駅へ向かい、さらにバスで30分。修験道の聖地、熊野三山・熊野那…

紀伊国一宮・丹生都比売神社を参拝するカニ

【カニ神社紀行その100】伊太祁曽から貴志川線で和歌山まで戻り、今度はJR和歌山線で笠田駅、そこからバスで30分ほどの山の中腹に位置する紀伊国一宮・丹生都比売神社参拝です。こちらの祭神はニウツヒメ、タカノミコ、オオゲツヒメ、イチキシマヒメの4神。…

紀伊国一宮・伊太祁曽神社を参拝するカニ

【カニ神社紀行その99】再度貴志川線のいちご電車で東へ向かい伊太祁曽駅へ。紀伊国一宮・伊太祁曽神社参拝です。祭神はスサノオの息子で植林の神・イソタケルで、スサノオの命により九州から全国に木を植えて回り、最後に住み着いたのがここ伊太祁曽という…

紀伊国一宮・日前神宮/国懸神宮を参拝するカニ

【カニ神社紀行その98】まずは和歌山電鉄貴志川線のいちご電車(なぜいちご?)で日前宮駅へ。紀伊国一宮・日前(ひのくま)神宮&国懸(くにかかす)神宮参拝です。こちらは同じ敷地にふたつのオヤシロが並立していて、二つ合わせて日前宮と呼ばれてるそう。祭神は…

南海道へ新幹線で向かうカニ

【カニ神社紀行その97】五畿七道一宮回りの神社旅は南海道編です。まずは新幹線でイッキに大阪へと向かい、そこから御堂筋線・天王寺駅から阪和線に乗り換え和歌山市へ南下。南海道スタートは、27ヵ国目・紀伊国入国です!紀伊といえば何たって紀州徳川家!…

北陸道一宮巡りを終えたカニ

【カニ神社紀行その96】一宮メインなので割愛したけど、佐渡国の佐渡金山、加賀国の忍者寺、越中国の黒部ダム、越前国の永平寺等々、北陸道も見所多過ぎ!越前敦賀では予想してなかった松本零士シンボルロードなどを見つけてしまい松本キャラを探してしまう…

若狭国一宮・若狭彦神社を参拝するカニ

【カニ神社紀行その95】東小浜駅で自転車をレンタルしていざ出発、若狭国一宮・若狭彦神社参拝です。道中にあった若狭姫神社とは上社・下社の関係で、二つ合わせて若狭彦神社という事らしいです。社名的に夫婦神そのものなんですが、祭神は上社に山幸彦(ヒコ…

小浜線で若狭国へ入国するカニ

【カニ神社紀行その94】敦賀から小浜線で西へ向かい小浜市へ。何年か前に某国の大統領と同じ名前で盛り上がった町ですな。北陸道最後の国となる26カ国目・若狭国へ入国です。福井県西部が若狭国エリアで古来ヤマト朝廷の外港として栄えていたそうです。海産…

越前国一宮・氣比神宮を参拝するカニ

【カニ神社紀行その93】福井から北陸本線でさらに西へ向かって敦賀市へ!越前国一宮・氣比神宮参拝です。こちらの祭神はイザサワケ、仲哀天皇、神功皇后の3柱。仲哀天皇、神功皇后といえば応神天皇を合わせたTHE八幡神のユニットなんですが、応神天皇だけが…

越前国・柴田神社を参拝するカニ

【カニ神社紀行その92】福井市内を観光しながらやってきたのは北ノ庄城跡。越前国・柴田神社参拝です。こちらの祭神は織田信長の筆頭家臣・柴田勝家!妻のお市や、茶々・初・江の三姉妹も配祀されたファミリー神社!信長の跡を継ぐかと思われた柴田勝家は勇…

北陸本線で越前国に入国するカニ

【カニ神社紀行その91】鶴来駅から一旦金沢に戻り北陸本線で一気に福井県へ向かう。25カ国目・越前国入国です!高志国から三分割(越前・越中・越後)、さらに越前国になってからも三分割(越前・加賀・能登)と都合5分割された越前国ですが、それでも北陸道唯一…

加賀国一宮・白山比咩神社を参拝するカニ

【カニ神社紀行その90】金沢から西金沢へ移動して石川鉄道に乗り換えて鶴来駅へむかう。日本三霊山のひとつ・白山の麓に位置する加賀国一宮・白山比咩神社参拝です。祭神は白山比咩ことククリヒメ、イザナギとイザナミの争いの仲裁をした女神と言うことで縁…

加賀国・尾山神社を参拝するカニ

【カニ神社紀行その89】加賀百万石のど真ん中の金沢城へと足を運び、その一角に鎮座する尾山神社参拝です。こちらの祭神は加賀百万石の礎を築いた藩祖・前田利家とその妻まつ!若い頃は織田信長に仕え"槍の又左"の異名を持つ武辺者!明治維新後にかつての藩…

いしかわ鉄道で加賀国に入国するカニ

【カニ神社紀行その88】羽咋駅から七尾線からいしかわ鉄道に乗り入れて金沢へ。24カ国目・加賀国に入国です!能登国と同じく、越前国から分割されて成立した国で、実は令制国の中で一番成立が新しくて若い国なんですな。平安時代の越前国の地方官が、加賀で…

能登国一宮・気多大社を参拝するカニ

【カニ神社紀行その87】JR七尾線駅からレンタル自転車で15分、日本海を眺望する海辺に佇む能登国一宮・気多大社参拝です。北陸地方に点在する気多神社の総本宮で、祭神は出雲神のオオナムチ。高志国平定に300人の神を引き連れて、ここ羽咋の浜から上陸したん…

七尾線で能登国に入国するカニ

【カニ神社紀行その86】福野から高岡に戻り、県境を超えて津幡へ行き、そこから七尾線に乗り換えて羽咋まで。23カ国目・能登国へ入国です。まー能登といえばなんたって輪島塗りですが、実は能登半島は6000年前の遺跡から漆器が見つかるほど漆器の歴史が古い…

越中国一宮・高瀬神社を参拝するカニ

【カニ神社紀行その85】伏木から高岡に戻ってさらに南下してお隣の南砺市は福野へ移動。越中国に入って4つ目になりますが、越中国一宮・高瀬神社参拝です。こちらの祭神はオオナムチ(オオクニヌシ)。オオナムチが北陸を平定して出雲に帰る直前に、この地に自…

越中国一宮・気多神社を参拝するカニ

【カニ神社紀行その84】高岡駅から氷見線に乗車して伏木駅下車、越中国一宮・気多神社参拝です。こちらのオヤシロは能登国の気多大社から勧請されていて、通称"新気多"と呼ばれています。というのも古代、越中国と能登国は合併してひとつの国になった事があ…