たわばガニ戦記-国指定難病/黄色靱帯骨化症編-

国指定難病”黄色靱帯骨化症”になった事で体験したことを書き綴ったブログです

事件簿

呆然と犯人を見送るカニ

【カニ田一少年の事件簿その48】鳥小屋の下に穴を掘った後があり、犯人はそこから侵入した模様。あたりを見回すとガサッと何かが動く影が!そこには何と一匹のイタチがピーちゃんズの1羽を加えてこちらを見てました。こちらが動く前にイタチは踵を返して一目…

鳥小屋の前で悲鳴を聞くカニ

【カニ田一少年の事件簿その47】カラーひよこから立派なニワトリに育ったピーちゃんズ。餌やり水やり卵拾いと毎日世話をして半年が経ったある朝。いつも通りに餌の準備をしてたら、先に鳥小屋に入っていたイモちゃんとオトくんの悲鳴が上がる!何が起きたと…

鳥小屋でアレを見つけたカニ

【カニ田一少年の事件簿その46】ほぼ見た目がニワトリになったピーちゃんズをいつまでも家の中で飼うわけにもいかず、カニパパが日曜大工で裏庭にデカい鳥小屋を作った。朝晩の水やりや餌やり藁の交換はカニたちの仕事で、もはやペットというより家畜の世話…

ピーちゃんに適切な治療を行うカニパパ

【カニ田一少年の事件簿その45】縁日で売られるひよこなどは元々虚弱ですぐに死ぬものらしいが、ウチはカニパパが獣医さんだったので救命処理が適切!死にかけては回復し、スクスクと成長していくピーちゃんズ!2ヶ月もするとほぼにわとりサイズになりました…

区別がつかなくなるカニ

【カニ田一少年の事件簿その43】兄弟それぞれお気に入りのカラーのひよこをゲットして、愛でてたのも束の間。しばらく経つと塗料が落ちて全部黄色いひよこに戻り3匹の区別が全くつかなくなりました。結局その時期を境に3匹とも"ピーちゃん"と呼ばれるように…

縁日で思わず買ってしまったカニ

【カニ田一少年の事件簿その42】小学生の頃の地元のお祭りでの話。臨時のお小遣いをもらい兄弟3人でわたあめやらタコ焼きやらを買い食いして屋台を見てまわってました。そんなカニたちが一斉に食いついた屋台。それは動物愛護の観点から今はほとんど存在しま…

冤罪報道を詫びられたカニパパ

【カニ田一少年の事件簿その41】判決後しばらくしてから地元紙の新聞社が菓子折り持って詫びをいれにきた。カニパパは菓子折りいらないから世間の誤解を解くように謝罪記事を掲載させたそうです!冤罪報道のせいで半年もの間、世間から非難を浴び続けたカニ…

裁判で無罪を証明されるカニパパ

【カニ田一少年の事件簿その40】被告は運転手さんで、裁判する場所が遠くカニパパは弁護士さんに証言をして結果を待つことに。ほぼ相手の妄想に等しい被害の訴えをひとつずつ反証していく作業。裁判は自体は何度かに分けて半年近くかかったそうです。結果裁…

近所で噂をされるカニパパ

【カニ田一少年の事件簿その39】運搬中の馬の容体が急変して地元の獣医に散々電話をしたけど深夜で断られたところ、往診を受けたカニパパというのが真相だったのだが、馬主は運搬中の運転ミスで頭を打って馬が死に、地元の獣医を抱きこんで偽の診断書を作っ…

冤罪報道にブチ切れるカニパパ

【カニ田一少年の事件簿その38】馬主と運送会社の間で起こった遠い名古屋での裁判だったが、共犯者の疑いがかけられたカニパパは警察で事情聴取を受けたりしたそう。それをまた地元の新聞社が聞きつけて、カニパパの名前入りで盛大に記事にされる!今で言う…

訴訟騒ぎに巻き込まれるカニパパ

【カニ田一少年の事件簿その37】泡を吹きフラフラな馬に治療を続けるも、翌朝には手当の甲斐なく息を引き取る。死因は急性腎不全だったそう。しかし話はそれで終わらず、運送屋さんが事件のあらましを馬主さんに報告したところ一切それに納得せず、運転ミス…

深夜2時に現場へ向かうカニパパ

【カニ田一少年の事件簿その36】番外編・カニパパの事件簿をお送りします。35年前の4月午前2時、カニ家に鳴り響く一本の電話。電話の向こうは狼狽する男の声がして、カニパパは深夜にもかかわらず診療道具一式を持って現場へ急行したそう。指定の場所の路肩…

やんごとなき方に人生最接近するカニ

【カニ田一少年の事件簿その35】よくよくみると辺りはSPだらけ。そんな厳戒態勢の中、相撲も中入りのあたりに会場に広がる今日一番の歓声と拍手!まさかの天皇皇后両陛下が登場ッ!うぉぉぉぉッ!マジですかッ!その距離わずかに5m!歴史メイニアの自分にと…

相撲観戦中に隣のSPが気になるカニ

【カニ田一少年の事件簿その34】そんなこんなで国技館も近くて力士が身近なエリアに住んでいたカニは、年に数回大相撲を観戦していた。その日もたまたま当日券を購入できたので二階席から取り組みを観戦してたら、インカムで何やらボソボソと連絡を取り合う…

サウナで横綱(当時)に遭遇するカニ

【カニ田一少年の事件簿その33】大関・貴ノ浪に遭遇してからしばらく経った頃、カニはサウナで汗を流していた。真下を見てたので誰が入ってきたかは確認しなかったのだが、目の前に一際大き過ぎる尻がデンと現れる。頭をあげたら、これまた広過ぎる毛の生え…

1本2万円のソーセージを食らうカニ

【カニ田一少年の事件簿その31】そんな悪夢の函館旅行から数日後、すっかり落ち着きを取り戻したカニママのもとに宅配便。さて何かなと思ったら車上荒らしにあう直前に立ち寄った有名なソーセージ屋さんの詰め合わせセット(約5000円分)でした!バタバタあり…

函館からおウチに戻るカニ

【カニ田一少年の事件簿その30】お宿も予約してあったし、一休みして美味しい夕飯食べて温泉にでも入ったら元気出るかなと思ったけど、いっさい乗ってこないカニママ。さてどうしたものかと思ってたら、そんなカニママを見かねてか、カニパパが"帰るぞ"と一…

メンタル限界のカニママと話したカニ

【カニ田一少年の事件簿その29】1時間くらいで事情聴取も終わり、被害届は受理されたものの、犯人が仮に見つかってもお金が戻るケースはほとんどないそうです…。ですよね…。カニママはお金とられたのは自分のせいと思い込んじゃってすっかり意気消沈。長椅子…

交番に駆け込んで被害届を出すカニ

【カニ田一少年の事件簿その28】取り急ぎ近くの交番に駆け込み事情を説明。シロウト目には最初気がつきませんでしたが、運転席側のドアの鍵をこじ開けたようなキズがありました!どうやら車上荒らし専門のプロの犯行らしく、彼らにかかるとものの数分で車の…

被害額がさらに倍となったカニ

【カニ田一少年の事件簿その27】30分程度の観光だったので車の中にバッグを置いて行ってしまったのが運の尽き。カニのボーナス袋を預かった直後の出来事にカニママずーっと"ごめんねーごめんねー"とえらい落ち込みよう。そんな気にしなくていいからと言いな…

車上荒らしに有り金ヤラレタカニ

【カニ田一少年の事件簿その26】立待岬で30分ほど景色を楽しみ、車に戻った時それは起こった。最初に異変に気がついたのはカニパパで、運転席のダッシュボードに入ってとハズの小銭がいっさい無くなってると。まさか荒らされたんじゃないかと半信半疑な状況…

ボーナスをカニママに預けるカニ

【カニ田一少年の事件簿その25】一休みしてランチをとりつつ次の目的地はカニママのリクエストで立待岬に決定。ボーナスを丸ごと持ってきてたカニは封筒から直接支払いを済ませてとんですが、それを見たカニママが大金の入った封筒持ち歩くのは無用心だから…

五稜郭で土方歳三を偲ぶカニ

【カニ田一少年の事件簿その24】今回の旅行のメインディッシュ、五稜郭へと向かう。地上から見た五稜郭はお堀のある公園みたいなのどかさで、かつて函館戦争があったとは思えないですな。この地で散った新選組鬼の副長・土方歳三を偲びつつ往時をおもうカニ…

函館朝市でウニイクラ丼大盛りを堪能するカニ

【カニ田一少年の事件簿その23】津軽海峡を青函フェリーで3時間で渡り函館上陸!その日は函館駅近くのホテルに入って一泊し、翌朝近くにあった函館朝市でカニパパとモーニングウニイクラ丼大盛りをいただき!新鮮でウニが甘い!イクラも濃厚!その後も賑やか…

車ごと船に乗り込みアガるカニ

【カニ田一少年の事件簿その22】スーパーペーパードライバーのカニに代わってカニパパが車を出してくれてイザ函館に向けて出発、東北自動車道をひたすら北上して青森港へ向かいます。3時間くらいで到着です。ちなみに北海道には新幹線や飛行機で行ったことは…

家族で函館に行く事にしたカニ

【カニ田一少年の事件簿その21】今もゴリゴリの歴史オタクのカニですが、当時は幕末マイブーム真っ盛り!司馬遼太郎の「燃えよ剣」を読んで土方さんに男泣き!これは終焉の地・函館の五稜郭に行かねばならない気持ちになりましたッ!普段なら一人旅でサッと…

カニママにハコダテを振るカニ

【カニ田一少年の事件簿その20】ある日カニママと食べ歩き番組を見てたら、映像が北海道函館の朝市に。"思い出のハコダテだね〜"とカニママに振ったら、案の定の拒否反応!実はカニたちには函館にトラウマがあるのです!次回から時を戻してその顛末をお話し…

10年分の埃でくしゃみが止まらなくなるカニ

【カニ田一少年の事件簿その19】大家さんのオイルヒーターのおかげで凍えずに済んだ1週間。ようやくエアコン交換の業者さんがやってきました。手際良い作業を見学してたら、エアコンを外す瞬間に10年分の溜まりに溜まった埃が舞って鼻腔を直撃!くしゃみが止…

ちょっとムリしていい椅子を買うカニ

【カニ田一少年の事件簿その18】長年苦楽を共にした20年愛用の椅子は物理的に背もたれが折れてどうしようもないので区のシールを貼って粗大ゴミへ。新しい椅子を買わねばならなくなったのでネットショップを物色、椅子はピンキリあるけれど、背中と腰の事を…

椅子から転げ落ちるカニ

【カニ田一少年の事件簿その17】大家さんのオイルヒーターで暖かい生活を取り戻したカニですが、デスク作業中に悲劇が起こります!一休みのつもりで背もたれに軽く背を預けたら、バキッという破裂音と共に椅子ごと大転倒ッ!すわ背骨が折れたかと思ったら、2…