たわばガニ戦記-国指定難病/黄色靱帯骨化症編-

国指定難病”黄色靱帯骨化症”になった事で体験したことを書き綴ったブログです

闘病記

顔面神経の回復は1日1ミリと知るカニ

【ラムゼイハント症候群その18】水疱瘡ウイルスで死んだ顔面神経は1日1ミリの速さで回復するので気長に治療しましょうという話。動かないほうの顔はなるべくマッサージした方がいいと聞いて毎日揉み解してたら、今度は顔面神経が混線するからあまりマッサー…

顔面麻痺のスコアが8点だったカニ

【ラムゼイハント症候群その17】退院から2週間の定期検診で顔面麻痺の状態をチェック。眉を上げたり口をすぼめたりお医者さんの指示に従って次々表情を変えるテストで結果は8点。勝手に10点満点と勘違いして、これはなかなか良いのでは?と思ったら40点満点…

歩きの上下動で酔うカニ

【ラムゼイハント症候群その16】地味に辛いのは三半規管に負ったダメージで、じっとしてても船に揺られているような感じ。お医者さんはなるべく歩いて体を慣らしてくださいと言うので公園とか歩くんですが、その歩きの上下の揺れで車酔いみたいに気持ち悪く…

耳痛でアイスノンを買ってみたカニ

【ラムゼイハント症候群その15】退院してしばらくすると耳が熱を持って耳痛が悪化。仕方がないので薬局に行ってアイスノンを買ってみる。まーそれまで病気知らずだったんで買う機会がなかったアイスノン。子供の頃に熱出した時に使ったきりでガッチガチの板…

ワニの涙症候群を発症するカニ

【ラムゼイハント症候群その14】たかが顔面麻痺されど顔面麻痺、日常生活でいろいろな不自由も出てきます。まず気付いたのは口笛が吹けなくなってる事w。というか口をすぼめられないんですね。麺をすすれないのも水がこぼれるなもそれが原因。そしてワニの涙…

シャリを指でほじくるカニ

【ラムゼイハント症候群その13】平衡感覚が狂ったままなので船酔いみたいにフラフラしながら1週間ぶりの帰宅。ながらくの病院食で外食げ恋しかったので近所の寿司屋でセルフ退院祝い。あー生魚ウメェ!でもね、右顔半分が麻痺してると噛んだものがうまく口の…

入院治療が終わったけどまだフラフラなカニ

【ラムゼイハント症候群その12】7日間の入院でのステロイド投与が終わり、今後は通院で治療をする事になる。あの激しい頭痛はおさまったものの、三半規管と顔面神経のダメージは大きくて右顔面麻痺と平衡感覚の狂い、そして右耳が全然聞こえない状態!さらに…

病院で誕生日を迎えたカニ

【ラムゼイハント症候群その11】毎日ステロイドを投与するので腕には針をずっと入れっぱなし、痛くはないけどすごく邪魔くさい。あの割れそうな頭痛が引いたと思えば今度は目眩が悪化して起きても寝てもぐるぐる体が回ってる感覚。目眩が少し和らぐと耳鳴と…

眼帯代わりに手拭いを巻くカニ

【ラムゼイハント症候群その10】水疱瘡ウイルスが顔の動きを司る三叉神経に沿って繁殖し、顔面神経を殺してしまうというラムゼイハント症候群。顔の右半分が動かないのは意外に不自由なもので、水を飲んでも麻痺した側の口元からダラダラ水が溢れるし、ご飯…

顔の右半分が動かなくなってきたカニ

【ラムゼイハント症候群その9】病室戻って早速治療が始まる。一週間毎日ステロイドの点滴を投与して繁殖した水疱瘡ウイルスをやっつけるというものらしい。1日目の点滴も終わり一眠りしてたら、田舎から心配したカニママが病室にやってきた。わざわざ来なく…

休む間もなく検査を受けるカニ

【ラムゼイハント症候群その8】ベッドに横になるや否や看護婦さんが現れて、めっちゃ頭が痛いんだけど施設案内に病院アチコチ連れ回される。そのまま担当の先生のところで色々検査、気がついてなかったけどカニの左耳の中にはビッシリ水泡ができていました!…

頭割れそうな中入院手続きするカニ

【ラムゼイハント症候群その7】フラフラになりながら大学病院にたどり着くも、入院受付で手渡された大量の書類や同意書。頭痛が酷くて何書いてるのか自分でも分からないまま次々サイン。その後ようやく病室へと案内されてベッドに横たわる事ができました。で…

平衡感覚が狂って真っ直ぐ歩けないカニ

【ラムゼイハント症候群その6】結局一睡もできないまま自宅を出るカニ。顔面神経に続いて三半規管にも症状があらわれたらしく、平衡感覚が狂ってまるで船酔いのように地面がグラグラして真っ直ぐ歩けないッ!それでもなんとか駅までたどり着き電車の座席にへ…

耳鳴と頭痛の悪化がどんどん進むカニ

【ラムゼイハント症候群その5】なんとか自宅にたどり着き入院の準備をしながらも、目に見えて症状が悪化していくのを自覚。頭痛はどんどん酷くなり、右耳は高周波の耳鳴りがギンギン鳴り響き、布団に入っても震えがおこり、目を閉じても全然眠れないッ!先生…

うどんがうまくすすれないカニ

【ラムゼイハント症候群その4】一度病院を後にして自宅に向かうカニ。頭痛はあるもののまだそれほどひどくはなかったので、夕飯にうどんを頼んだんですが…なんか、おかしいぞ…。そう口の右側の動きがなんか変!うどんをズズッとすすれない!後から知ったんで…

大学病院で検査を受けるカニ

【ラムゼイハント症候群その3】会社に入院の連絡をして、カニは紹介状を持って大学病院へ移動。改めて検査をして先生からラムゼイハント症候群の治療方針を説明されました。今からすぐ入院して治療を始めた方がよいと言われたにも関わらず、事態をまだ甘く見…

急遽大学病院に回される事になったカニ

【ラムゼイハント症候群その2】ラムゼイハント症候群の原因は水疱瘡ウイルスの暴走で、子供の頃にワクチン摂取で作られた抗体の効力がなくなる40代あたりから発症するそうです。ウイルスは神経に沿って繁殖するらしく、体の神経節に発症した場合は「帯状疱疹…

ラムゼイハント症候群と診断されたカニ

【ラムゼイハント症候群その1】黄色靭帯骨化症の手術から遡る事一年半前、数日妙な偏頭痛に悩まされながら仕事をしていたのだが、限界がきて昼休みに病院へいく。待ってる間にもどんどん頭痛はひどくなる中、お医者さんの口から出た病名は「ラムゼイハント症…

地元に帰り雪で杖を滑らすカニ

【黄色靭帯骨化症その139】新幹線で2時間半、年末の地元は雪模様。実家へ向かうべきタクシー乗り場に向かおうとしたところ、突いた杖が雪で滑って超危険ッ!うわわッ!転ばぬように反射的に体勢整えたら今度は背中と左肩が連鎖爆発、ヒィ!雪国育ちなのに雪…

手すりを伝って駅構内を移動するカニ

【黄色靭帯骨化症その138】ラッシュでもまれてヨレヨレな状態で東京駅に到着。在来線から新幹線までの距離が長いのなんの!左肩爆発してるカニは左手で掴むべき手すりを右手で掴むので怪しい横移動で新幹線乗り場を目指します。手すりの存在はマジ有り難いん…

帰省ラッシュでもみくちゃになるカニ

【黄色靭帯骨化症その137】病み上がり+四十肩と満身創痍ではありましたが出発時間が迫って来たので最寄駅に向かうカニ。イヤ年末を甘く見てましたね、着いた電車は帰省客でギッシリッ!マージーカー!しかしあまり時間もないのでラッシュの海にダイビング!…

杖を突いた衝撃で肩爆発するカニ

【黄色靭帯骨化症その136】前回の四十肩から3年目にして最悪のタイミングで再発!急性期の鋭利な痛みがめちゃ辛いッ!でも新幹線は指定席とってたので痛みに耐えながら旅支度。カバンを肩にかけて玄関から一歩進み出して杖を突いた瞬間!お約束の左肩爆発!…

8ヶ月ぶりに吊り革を掴むカニ

【四十肩その11】左肩が爆発して8ヶ月経過、大事をとって右手で吊革を掴んでいましたが、なんだか左手でもいけそうな予感がして左腕を吊革に伸ばしたところ…痛くないッ!左肩が上がるッ!左肩の可動域はちょっと狭くなりはしたものの調子は上々、この日をも…

整体師さんにツマラナイと言われたカニ

【四十肩その10】くいっだらりはじめ、壁を使ったストレッチやペットボトルを使った振り子体操などを地味に続けること6ヶ月が経過。なんだかんだでその後も週イチペースで整体院にも通い続けてました。ある日整体師さんが「肩ヨクナッテキタネー」と言いなが…

くいっだらり運動で肩をほぐすカニ

【四十肩その9】痛みが和らいでから日課にしていた「くいっだらり運動」。両方の肩をくいっと上げて、だらりと下に下げるをひたすら繰り返すだけの運動ですが、これがよく効く!固まっている時は肩からボリボリと変な音がしますが、1分もやってるうちに肩が…

気持ちいい抱きまくらがフィットしたカニ

【四十肩その8】慢性期になったとはいえ痛みは続く四十肩。痛い方の肩を上にして寝るんですが、垂れ下がったウデの重さがまた痛みを引き起こすんですよねー。なわけで試してみたのが抱き枕っ!抱きついて寝ると腕の位置が安定して非常によい!ついでに膝と股…

北斗神拳伝承者気分のカニ

【四十肩その7】四十肩発症してやや1週間、急性期は過ぎたのか激痛は和らいできました。でもあいかわらず腕の可動域は狭いままで、無理に動かすとやはり痛い!ただ慢性期に移行したら適度に動かした方がいいと言うので一生懸命肩の運動してました。そんな中…

分かっていたけど急速にヨボるカニ

【四十肩その6】整体師さんの丁寧な施術のおかげでゆっくりと肩の緊張がほぐされて痛みがすこーし和らぎました。自宅でできる体操とかいろいろアドバイスも聞けて、むしろお医者さんより役立ったかもw。特に鎖骨の内側にある肩痛スポットの存在を知れたのは…

四十肩の英語名がカッコいいと思ったカニ

【四十肩その5】四十肩は肩甲骨と上腕骨を繋ぐ筋肉や腱の炎症で、発症してから2週間くらいは動かさないほうがいいそうです。整体師さんは悪化しない程度に筋肉を緩めてくれたようで、すこーし楽になりました〜。そんな雑談の最中に四十肩は英語圏では"フロー…

痛みの正体は四十肩だったカニ

【四十肩その4】消炎剤を何回塗っても痛みが治まらないので、藁をもすがる思いで整体院へ行ってみた。ちょっと腕を動かしただけで悶絶するカニを見て、台湾人の整体師さんは"アーコレ五十肩ダネー"と一言。うん?四十肩じゃなくて五十肩?聞くとふたつは同じ…